個人事業主のファクタリング|おすすめ会社と小額・即日利用のためのコツを紹介

公開日:2022.07.26 更新日:

個人事業主のファクタリング

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却し、前もって売掛金を受け取ることができる仕組みです。

個人事業主やフリーランスの方でも、ファクタリングを利用して資金調達をしたいと考えている方はいるでしょう。

しかし、「ファクタリングって個人で利用できるの?」「小口や即日で利用するためのコツはあるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

当記事では個人事業主におけるファクタリング利用や、小口で即日の資金調達をするために必要なコツを紹介します。

そもそもファクタリングとは?2社間・3社間や種類、仕組みについて解説

ここでは、ファクタリングの仕組みや2社間・3社間の特徴、さまざまあるファクタリングの種類について解説します。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、取引先との間で生じた売掛債権をファクタリング会社へ売却する仕組みです。

売掛債権は、取引先との間で生じた営業上の未収料金を指します。

売却後は、ファクタリング会社によって定められた手数料を引いた金額が利用者に支払われます。

ファクタリングは、資金繰りが悪化している企業に効果的なサービスです。

たとえば、新型コロナウイルスの影響で一時的に業績が悪化した場合などは、ファクタリングによって本来先に入金される予定の金額を受け取り、支払いにまわすこともができます。

ファクタリングは、あくまでも売掛債権という権利の売買に過ぎないため、融資のように負債の扱いにならないのが特徴です。

さらに、融資と比べて審査が緩く、資金調達までのスピードが早いのもメリットです。

ファクタリングの5つの種類

ファクタリングには、主に以下の5種類があります。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 一括ファクタリング

一般的にいわれているファクタリングは、買取ファクタリングのことを指しています。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売掛金の支払いをファクタリング会社が保証してくれる仕組みです。

買取ファクタリングとは異なり、現金ではなく保証をしてくれるのが大きな特徴です。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、輸出が発生する取引で利用可能なファクタリングとなります。

審査等は海外のファクタリングが実施するため、国内のファクタリングと比べて手数料が高くなりやすいです。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは医療機関を受診したときに、保険証を提示することで患者は自己負担が3割となります。

このとき、残りの7割は社保や国保が医療機関に対して支払います。

しかし、医療機関への支払いは取引が発生後の2ヶ月から3ヶ月となってしまうため、前もって現金化できる仕組みが医療ファクタリングです。

一括ファクタリングは、金融機関がファクタリング会社に代わって利用者から売掛債権の買取から支払いまでをおこなう種類です。

ただし、金融機関が審査等を実施するため、ファクタリング会社と比べて売掛先企業の信用力が高くなければなりません。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、売掛金を前もって確保したい利用者とファクタリング会社との間でのみやり取りがおこなわれる仕組みです。

取引先が関与しないため、ファクタリングの利用が取引先へ知られないのがメリットです。

仮に、取引先がファクタリングの利用を知ってしまった場合、経営状況が悪化しているのではないかと勘ぐってしまい、今後の取引に悪影響がでてしまう可能性があります。

しかし、3社間ファクタリングと比べて高い手数料となってしまうのがデメリットです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、利用者・ファクタリング会社・取引先の3者間で売掛金の売買がおこなわれる仕組みです。

2社間ファクタリングと比べて、ファクタリングの利用手数料が安い傾向にあります。

しかし、3社間ファクタリングは取引先に合意を得ながら進めなければならないため、利用が知られてしまうのがデメリットです。

また、取引先への説明等が必要になるため、合意を得るまでに時間がかかってしまいます。

個人事業主でもファクタリングはできるの?利用条件と必要書類、現金が手に入るまでの流れ

ファクタリングは一般的に法人が利用するイメージがあるため、個人事業主の利用は難しいのではないかと考える方も多いでしょう。

ここでは、個人事業主のファクタリング利用について解説します。

個人事業主でファクタリングは利用できる|違法ではない

最近では、小口取引に対応したファクタリング会社が登場しており、個人事業主でも問題なく利用可能です。

ただし、個人事業主がファクタリングを利用するときには、2つの注意点があります。

給与ファクタリングに要注意

給与ファクタリングとは、会社から支払われる給料に対して、前もってファクタリング会社から受け取れる仕組みです。

給与ファクタリングを取り扱う業者は、前もって貸金業への登録をしておかなければなりません。

しかし、実際に給与ファクタリングを取り扱っている業者の多くは、貸金業に未登録の状態で進めているケースが多くみられます。

さらに、法外な手数料を要求し、強引に取り立てるような悪質な業者も中には存在します。

したがって、給与ファクタリングと聞いたときには、違法なファクタリング会社の可能性が高いと認識しておきましょう。

ファクタリングに依存しすぎるのは危険

ファクタリングは本来支払われる予定の現金から手数料分が引かれるため、利用し続けることにより予想していた収益よりも減少し、経営状況の悪化につながる危険性があります。

したがって、ファクタリングは事業や税金などの急な支払いが発生したときに、どうしても費用が用意できないときのみ利用するのがおすすめです。

継続的に必要な場合には、利用の前に経費や人件費の削減などに取り組むようにしましょう。

個人事業主が利用するときの条件

個人事業主がファクタリングを利用するためには、以下の条件が求められます。

  • 金額や期日が明確になった売掛債権を保有している
  • 売掛債権の審査結果が問題ないこと
  • 必要書類が揃っていること

売掛債権は、期日と金額が明確になっていなければなりません。

なぜなら、ファクタリングでは支払期日を過ぎた不良債権が対象外となっているため、対象に含まれているのかを証明するためです。

さらに、売掛債権が明確になった後はファクタリング会社が審査を実施します。

審査では、利用者の信用力で判断するのではなく、取引先となる企業の信用力が対象です。

そのため、取引先の企業の返済能力に不安があると、審査で落とされてファクタリングの利用ができない可能性もあるでしょう。

必要な書類については、次の項目で解説します。

ファクタリングに必要書類

ファクタリングに必要な書類としては、主に下記の3つがあげられます。

  • 本人確認書類
  • 使用通帳の入出金
  • 取引先との契約書類

ファクタリング会社によっては、上記以外の書類が求められるケースもあるため、事前に確認をしておきましょう。

ファクタリングを利用してから現金が手に入るまでの流れ

ファクタリングの利用から現金化までは、主に以下の流れが想定されます。

  1. 利用するファクタリング会社を選ぶ
  2. 必要書類を集める
  3. 審査・査定
  4. 契約を結ぶ
  5. 早ければ即日で入金

1.利用するファクタリング会社を選ぶ

まずは、個人事業主でも利用できるファクタリング会社を選定します。

選定時には、以下のポイントに注目して判断するのがおすすめです。

  • 売掛債権の利用額
  • 手数料
  • 信頼性
  • 入金されるまでの時間

個人事業主の場合は、100万円以上の大きな金額よりも、10万円単位の小口での利用が多くなりがちです。

そのため、売掛債権の利用額ができるだけ低く設定されている会社を選ぶのがよいでしょう。

手数料は、ファクタリング会社によって差が出てくるため、比較をしながらできるだけ低い手数料の会社を選択するのがおすすめです。

しかし、手数料の安さばかりに目がくらんでしまうと、契約書などには高額な手数料を記載して契約させるような悪徳業者も存在するため、相場に見合った企業を選ぶのがよいでしょう。

ファクタリングでは、実績や経験のある信頼性の高い企業を選択するのが安心です。

ファクタリングは銀行融資やローンと比べると、世間にもあまり知られていない歴史の浅いサービスとなります。

そのため、できる限り利用実績のある企業を選択することで、悪徳業者の利用をさけることにもつながります。

資金調達をするときには、できるだけ早いタイミングで現金を手に入れたいという方が多いはずです。

現金化までのスピードは、ファクタリング会社や利用金額によって異なるため、事前に確認して即日対応の会社を選択するとよいでしょう。

2.必要書類を集める

続いて、審査に向けて必要な書類を集めます。

審査で必要な書類としては、「本人確認書類」「使用通帳の入出金」「取引先との契約書類」などがあげられます。

3.審査・査定

必要書類が用意できれば審査を依頼します。

審査時には、利用者の返済能力ではなく、取引先の信用力が対象です。

審査では利用金額に応じた手数料が設定され、最終的にどの程度の金額を支払うのかが明確になります。

もし、思ったよりも手数料が高くなってしまった場合には、ファクタリングの利用をしないこともできます。

4.契約を結ぶ

審査内容に納得した場合には、契約の締結をおこないます。

サービスの契約時には契約書に必要な内容を明記し、問題が無ければサービスを締結します。

悪徳な業者でないかを見極めるために、契約書に違法な内容が記載されていないかを見極めるのが重要です。

5.早ければ即日で入金

契約を結んだあとは、ファクタリング会社から利用者へと売掛債権から手数料を引いた金額が支払われます。

ファクタリング会社によっては、申し込みから入金までに最短即日で対応しているサービスもあるため、すぐにでも現金化したい方は利用しましょう。

ファクタリングを利用するうえで知っておきたい注意点

ファクタリングの利用時には、以下4つの注意点を知っておきましょう。

  • 会社によって手数料が変わる
  • 審査が通らない債権があること
  • 必ず即日で振り込まれるとは限らないこと
  • 悪徳業者が存在すること

会社によって手数料が変わる

手数料は、ファクタリング会社によって異なります。

そのため、できるだけ多くの企業との間で手数料を比較し、その中からより手数料が抑えられつつ信頼性の高いファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

ただし、手数料の安さだけで決めるのではなく、サービス内容も比較したうえでの検討をしましょう。

審査が通らない債権があること

売掛債権によっては、審査を通過できない可能性があります。

ファクタリングの審査では、利用者ではなく取引先の信用力が対象となるため、売掛債権先が経営難の企業や個人事業主の場合に審査が通りにくくなるでしょう。

また、既に支払期日が過ぎている不良債権は、ファクタリングの対象外となっているため注意が必要です。

必ず即日で振り込まれるとは限らないこと

ファクタリング会社の中には、即日現金化を謳っている場合があります。

しかし、申し込みをした時間や審査時の不備などにより、必ずしも即日で振り込まれない可能性があるでしょう。

また、売掛債権の金額によって入金までのスピードが変わる場合もあるため、事前に資金調達までにどの程度の時間を要するかを確認しておくのが大切です。

悪徳業者が存在すること

個人事業主やフリーランスの方がファクタリングを利用するときには、法外な手数料を請求してきたり、貸金業が未登録の状態で取引をおこなったりする悪徳業者が存在します。

悪徳業者を見抜くためには事前に手数料の相場を確認し高額な手数料を要求してこないのか、ファクタリングの実績があるのかを確認しておく必要があるでしょう。

個人事業主におすすめできるファクタリング会社の特徴

個人事業主におすすめのファクタリング会社には、主に以下5つの特徴があります。

  • 個人事業主・フリーランスOK
  • 手数料が安くて明示させている
  • 小額のファクタリングの利用が多い
  • 口コミや評判がいい
  • 【注意】売掛金の額がすくないと利用できない会社がある

個人事業主・フリーランスOK

ファクタリング会社の中には、法人だけの利用に限定している場合があるため、事前に個人事業主やフリーランスに対応しているか確認が必要です。

最近では、フリーランスを目指す方が増えている影響もあり、フリーランスに特化したファクタリング会社も増えています。

手数料が安くて明示させている

手数料はできる限り安いことに加えて、ホームページや契約書等で明示しているファクタリング会社がおすすめです。

ファクタリング会社によって手数料が異なるため、事前に比較をしたうえで選択する必要があります。

ただし、一見手数料が安く設定されていたとしても、その代わりに契約時の条件がいくつか定められているケースもあるため、細かく確認しておくのが大切です。

小額のファクタリングの利用が多い

個人事業主の場合は、小額のファクタリング利用になるケースが多いため、できるだけ小額利用に対応したファクタリング会社がおすすめです。

ファクタリング会社によっては、売掛債権の最低利用金額が高額になっており、個人事業主にとって大きな金額になってしまうケースがあります。

そこで、小額の取引を希望している場合には、売掛債権の最低金額を確認しておくのが重要です。

口コミや評判がいい

ファクタリング会社を選択するときには、利用者の口コミや評判なども検討材料にするのが大切です。

口コミや評判は、実際に利用した方の生の声を聞けるため、本当によいサービスであるのかを見定めることができます。

しかし、口コミや評判の中には、業者によってよい口コミを書いているケースもあるため、全てを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度で利用しましょう。

【注意】売掛金の額がすくないと利用できない会社がある

ファクタリング会社では売掛債権の利用額を設定しているため、売掛金の額が少ないと利用できない場合があります。

小額の利用を想定している場合には、売掛金の最低金額ができる限り安いところを選定するとよいでしょう。

ファクタリングで小額を即日に調達するため必要なポイント

ファクタリングで小額を利用する個人事業主の方が、即日で資金調達するためには以下のポイントが重要です。

  • 信用力のある売掛債権を売却する
  • 複数のファクタリング会社で見積もりを出す
  • 申し込む前に必要書類を集めておく
  • 2社間取引を活用する
  • 午前中に申し込む

信用力のある売掛債権を売却する

ファクタリングで即日調達するためには、審査にかかる時間を削減する必要があります。

審査時には取引先の支払い能力が重視されるため、信用力の高い取引先との売掛債権を売却することで、審査をスムーズに実施できるでしょう。

審査が終われば、指定の口座に入金されるだけのため、即日での調達が可能です。

複数のファクタリング会社で見積もりを出す

複数のファクタリング会社に見積もりを出すことで、資金化までの期間や手数料を比較できるため、その中から最も条件のよいファクタリング会社を選定できます。

個人事業主の場合は小額の利用が多いため、ファクタリングにかかる手数料も高額になりやすいです。

そのため、小口取引の場合には手数料の低いファクタリング会社を選定するのが重要なポイントです。

申し込む前に必要書類を集めておく

ファクタリングでは、主に審査を依頼する段階でいくつかの必要書類の提出が求められます。

事前に書類を集めておくことで、審査までの時間を削減できるでしょう。

特に、取引先との請求書や注文書といった取引に関わるものは、準備までに時間がかからないように整理しておくのが大切です。

2社間取引を活用する

即日で資金調達をしたい方は、2社間でのファクタリング取引を利用するのがおすすめです。

3社間ファクタリングの場合は取引先に合意を得る必要があるため、資金調達までに時間がかかってしまいます。

しかし、2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社のみで取引が進んでいくため、スムーズに手続きが進んでいきます。

午前中に申し込む

即日で資金化したい場合には、午前中に申し込むのが重要です。

なぜなら、申し込む時間によっては審査をするのが翌日に持ち越されてしまい、結果的には即日の資金化が叶わないケースがあるためです。

午前中に申し込んでおくことで、午後までに審査が完了して入金されるケースが多いです。

そのため、ファクタリング会社が営業開始してからすぐに申し込みをするのがよいでしょう。

個人事業主におすすめファクタリング会社5選|サービス内容と共に口コミ・評判を紹介 

個人事業主には、主に以下5つの会社がおすすめです。

  • QuQuMo
  • 事業資金エージェント
  • ウィット
  • OLTA
  • MSFJ

それぞれのサービス内容と口コミ・評判を紹介しましょう。

QuQuMo

QuQuMo

「QuQuMo(ククモ)」は、利用から資金化までのオンラインで完結できるファクタリングです。

資金化までに最速2時間、業界最低水準の手数料を誇っているため、できるだけ早く資金調達化をしたい方に向いています。

売掛金さえあれば、法人個人問わずに利用が可能なため、個人事業主の小額利用にも対応しています。

口コミ・評判

資金調達額600万円 申込から振込まで3時間
銀行に行っても貸してもらえず、途方に暮れていたとき広告を見てすぐに相談しました。 私は、ネットが苦手で不安でしたが サポートセンターに問合せをしながら安心して契約を進めることができました。必要書類も少なくこんなに簡単に資金調達ができるんだとびっくりしてます。 また困った際にはお願いしようと思います。

引用元:QuQuMo Online

資金調達額1200万円 申込から振込まで2時間
取引先からの急な入金日の変更があり、別件の仕入れの支払いや、融資金の返済が困難になってしまい、困っていたときにネットでのサービスを見て利用しました。 必要な資金がなんと即日で手元に入り、困難な状況を乗り越えることができました。 また何かあった際は利用させていただきたいです。

引用元:QuQuMo Online

事業資金エージェント

事業資金エージェント

「事業資金エージェント」は、500万までの利用であれば最短3時間で資金調達が可能なファクタリングです。

業界でも最低水準となる1.5%からの手数料となっているため、金額面も安心して利用できます。

また、売掛金の入金が最低3ヶ月以上あれば利用できるため、設立したばかりの方でも問題ありません。

口コミ・評判

税金未納でも早期に資金調達ができました
我が社は、首都圏に拠点を置き、大手広告代理店を経由して、ホームページ制作などを受注および制作するIT関連業を展 開しています。資金面でいうと、当社のような下請けのIT業は特に人件費の割合が非常に高く、案件に対して給与の支払いは先行するの に、案件に対する売上の入金はあとになる、という特性があり、銀行からも度々つなぎ資金融資を受けていました。
実は今回も銀行からの融資をあてにして担当者に相談をしていたのですが、事前申し込みの段階で税金の未納分を指摘さ れ、納付して納税証明書を提出しない限り、融資は難しいといわれてしまいました。税金滞納があると融資は難しいこと は知っていましたが、給料日は迫っており、その時に利用したのがファクタリングでした。
数社に問い合わせた中で、対応が丁寧であったこと、そして何よりもスピード対応をしてくれるということで事業資金エー ジェントさんを利用することにしました。また事業資金エージェントさんは、未納であった税金に関する分納納付に関する 助言や交渉方法も教えてくれました。おかげさまで今では、給与未払いという最悪の結果を免れただけではなく、税金の 未納も解決しました。ファクタリングという方法は使い方次第だとも思いますが、私たちのような会社には重要な選択肢の 1つにできると思います。

引用元:お客様の声|事業資金・ファクタリングのことなら『事業資金エージェント』

250万円の即日事業資金調達に成功!
都内で内装業を営んでいます。 直近では新規工事の受注も増えていて、それはそれで嬉しい限りですが、工期が延びたりすると、入金のズレが生じ、工事の一部再委任託費用や建築材料の仕入費用の先払いで、どうしても資金繰りに困ることが多々あります。
当社の場合、銀行からの融資枠の制限もある中、ある時、同業の仲間から売掛金を早期に資金かできるファクタリングというサービスがあることを教えてもらい、その仲間も利用していた事業資金エージェントを勧められました。 ファクタリングという資金調達方法は使ったことがないサービスだったこともあり、正直不安もありましたが、担当の方も大変親身になって相談にのっていただき、当日という無理な要望にも快く対応していただき、いまではとても感謝しています。
サービス内容だけではなく、担当さんの人柄にも惹かれ、最初の取引をはじめてからはまだ数ヶ月ですが、当社の資金調達パートナーとして、いまでは非常にいいお取り引きをさせて頂いてます。

引用元:お客様の声|事業資金・ファクタリングのことなら『事業資金エージェント』

ウィット

ウィット

「ウィット」は、個人事業主やフリーランスなどの小口専門を売りにしたファクタリングです。

最小金額としては30万円の売掛金買取実績があり、そのときに最短2時間での資金化も実現しています。

95%以上の買取実績もあるため、利用に不安な個人事業主やフリーランスの方にもおすすめです。

口コミ・評判

調達額30万円 入金までの期間即日
開業届出を出していない白色申告の個人事業主でも利用できました。他社は門前払いだったので助かりました。30万円規模で個人事業主相手にファクタリングを実施してくれる会社はそう多くないんじゃないかと思います。

引用元:ファクタリングや資金調達、資金繰りのことなら株式会社ウィット

調達額70万円 入金までの期間即日
取引先からの入金が遅れ、人件費の支払いに困っていたところに、電話とメールだけで本当に売掛金を買取してもらいました。取引先に知られることもなく、赤字決算の小規模業者としては重宝しています。

引用元:ファクタリングや資金調達、資金繰りのことなら株式会社ウィット

OLTA

OLTA

「OLTA」は、日本マーケティングリサーチ機構調べで「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリングNo.1」に輝いた実績を持つオンライン完結型のファクタリングサービスです。

費用は手数料2~9%のみになるため、業界内でも最低水準の利用料金を実現しています。

最短で即日振込にも対応しているため、必要なタイミングですぐに資金調達が可能です。

口コミ・評判

東京の知り合いから教えてもらいました。その人はメガバンクの担当者から勧められたそうで、変なところではなさそうなので申込みました。

引用元:クラウドファクタリングで資金繰りを素早く改善 OLTA(オルタ)

今月25日に入金予定だった会社から月末になると連絡があったので、慌てて申し込みました。手数料がこんなに安いんだったら、早くやっておけばよかった。

引用元:クラウドファクタリングで資金繰りを素早く改善 OLTA(オルタ)

MSFJ

MSFJ

「MSFJ」は、法人に加えて個人事業主やフリーランス専門のファクタリングサービスを提供しています。

利用額は10万円から可能で、最短1時間で資金調達が可能です。

さらに、手数料は業界最低水準となっており、審査の通過率が90%を超えています。

MSFJはオンラインで完結するため、まとまった資金を準備するときにすぐ利用できるのがメリットです。

口コミ・評判

私は個人事業主として内装業を営んでおります。今回、元請からの入金が送れ資材屋さんへのお支払が遅れそうになり資金調達をおこないました。最初は、少額で個人事業主であった為どこもNGでした。
MSFJさんに問い合わせしたら無事に資金調達することが出来ました。個人事業主専門のファクタリングサービスがあることに大変感謝です。

引用元:売掛金を当日買取|個人事業主専用ファクタリング

こんにちは。ネットで色々と調べてMSFJさんに辿り着きました。ファクタリングをおこなうのは初めてでしたが、親身になって話を聞いて頂いき、借入とは全く違うという趣旨を細かく教えてもらいましたが、最初はやはり不安でした。
電話してから約1日半で契約が終わり迅速に資金調達が出来たことに驚きと同時に、担当さんの笑顔で私の不安は一瞬で吹き飛びました。ファクタリングを知らなかった事を今では恥ずかしく思います。これからも末長くよろしくお願い致します。

引用元:売掛金を当日買取|個人事業主専用ファクタリング

まとめ

ファクタリングは、売掛債権をファクタリングに売却して資金調達をできるサービスです。

事前に現金を受け取れるため、まとまった資金を調達したいときに向いているでしょう。

最近では、個人事業主やフリーランスを専門としたファクタリング会社が増えているため、法人に限らず利用できる時代となっています。

個人でファクタリングを利用したい方は、今回紹介したおすすめのファクタリング会社を参考に活用してみましょう。

タグ一覧