ファクタリングで即日現金化は可能?注意点とおすすめ優良会社5選を紹介

公開日:2022.07.26 更新日:

ファクタリングで即日現金化

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に売却することで、事前に資金調達ができるサービスです。

ファクタリング会社は、即日現金化をウリにしているケースが多いため、急遽まとまった資金が必要になったタイミングで活用できます。

しかし、「本当にファクタリングで即日資金調達はできるの?」「利用するときの注意点はないの?」と気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、即日で資金調達ができるファクタリング会社の特徴や注意するポイントについて解説します。

即日ファクタリングができる会社の共通点

即日で資金調達ができるファクタリング会社には、以下の共通点があります。

  • 2社間ファクタリングであること
  • 手続きがすべてオンラインで完結すること

それぞれの特徴について解説しましょう。

2社間ファクタリングであること

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社との間でおこなわれる取引方法です。

取引先にファクタリングの利用を知られないのが特徴です。

2社間ファクタリングの場合は、2社間で進められることで情報共有がスムーズに進み、結果的に資金調達までのスピードが早くなります。

しかし、後ほど解説する3社間ファクタリングと比べて、手数料は高くなってしまいます。

3社間ファクタリングとは

ファクタリングには、2社間以外にも3社間による取引方法があります。

3社間ファクタリングとは、取引先にファクタリングを利用することについて合意を得ながら進める取引方法です。

取引先に合意を得なければならないため、2社間ファクタリングよりも時間がかかってしまいます。

もし、取引先が合意をしなければ、そもそもファクタリングによる資金調達ができません。

しかし、合意を得ながら進めるため、2社間ファクタリングと比べて手数料は低くなっています。

手続きがすべてオンラインで完結すること

即日で現金化できるファクタリング会社は、手続きの全てをオンラインで完結しています。

最近では、オンラインに対応したファクタリング会社が増えているため、多くの業者が採用しているでしょう。

しかし、中には契約時に直接対面で実施するケースもあるため、事前に確認しておくのが大事です。

さらに、オンラインの場合は相手の顔が見えないという欠点があるため、見極めなければ怪しい業者に依頼してしまう可能性が考えられます。

そのため、ファクタリング会社に実績があるかを調査しておくのが重要です。

また、審査時に必要となる情報をオンラインでは正しく伝えられないケースも考えられるため、オンラインで情報を入力するときには詳細まで記入するようにしましょう。

即日という言葉だけで取引するのは危険!会社を選ぶ際に気を付けること

ファクタリングでは、即日という言葉だけで利用を決断すると危険です。

ファクタリング会社を選ぶときには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 手数料の高さ
  • 相手の実績と信頼度
  • 買取可能額の上限と下限
  • サービスの対象者にあてはまるかどうか
  • 償還請求権の有無

それぞれのポイントを解説します。

手数料の高さ

ファクタリング会社によって手数料が異なるため、複数の会社に見積もりをとってできるだけ手数料の低いところを選ぶとよいでしょう。

ファクタリングで発生する手数料の相場は、2社間ファクタリングで10〜30%、3社間ファクタリングで3〜10%となっています。

しかし、中には相場を超えるような手数料を請求してくる悪徳業者が存在します。

正しく見定めるためにも、手数料の相場を把握し、範囲内に収まっているかを判断しましょう。

ただし、手数料が低いといった理由だけで選ぶのではなく、後ほど解説するポイントも踏まえた上で総合的な判断をするのが大事です。

相手の実績と信頼度

ファクタリング会社の中には、詐欺行為をおこなってくるような悪徳業者が存在するため、信頼度の高いファクタリング会社を選択するのが重要です。

特に、実績があるファクタリング会社なのかが大事なため、ホームページや問い合わせ窓口から利用実績や利用者の声を確認しておくとよいでしょう。

買取可能額の上限と下限

ファクタリング会社によって買取可能額に違いがあるため、売掛金の範囲内であるかも判断する必要があります。

基本的には法人向けのファクタリングが多いものの、最近ではフリーランスが増えてきたこともあり、個人事業主やフリーランスを専門に取り扱っているファクタリング会社も登場しています。

法人向けか個人向けかにより、買取可能額も上限と下限が違ってくるため、事前に可能額を把握しておくのが有効です。

買取額によっては即日が無理な場合もある

買取額が高額な場合は、即日での資金調達が難しいこともあります。

高額な買取額になるほど、売掛債権の回収ができなかったときのリスクが大きくなります。

そのため、ファクタリング会社では少額の売掛金と比べて、高額な場合はより詳細に審査を実施する必要があるのです。

即日での資金調達が可能と書いてある場合でも、売掛金によって必ずしも実施できないことを頭に入れておきましょう。

サービスの対象者にあてはまるかどうか

ファクタリング会社では、法人のみに限定しているケースがあるため、個人事業主の場合は対象に含まれるかどうかも注意が必要です。

最近では、個人事業主に対応しているファクタリング会社が増えているため、事前に確認しておきましょう。

他にも、売掛債権の金額がファクタリング会社の範囲内であるかも重要です。

中には、小口の取引に対応していないファクタリング会社も存在するため、自身の金額に応じた選択が求められます。

また、売掛債権が不良債権に該当する場合には、取引の対象外となるため気をつけなければなりません。

不良債権とは、すでに支払い期日が過ぎている金銭的な価値をもたないものです。

最初の段階で、自身の利用条件が対象に当てはまるかどうかを見極めましょう。

償還請求権の有無

償還請求権とは、取引先が倒産などの何らかの事情で支払いができなくなったときに、代わりに保証をしなければならない権利です。

ファクタリングは、一般的にファクタリング会社側が保証をするため、償還請求権がないケースが多いです。

しかし、中には償還請求権をありにしている場合があり、そのときには利用者側が保証しなければなりません。

一方で、利用者側が保証をするため、償還請求権がない場合と比べて手数料が低くなりやすいです。

ファクタリング会社を選ぶときには、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら償還請求権の有無を選ぶ必要があります。

ファクタリング申し込みから資金が入金されるまでの流れ

ファクタリングは、主に以下の流れで進んでいきます。

  1. 事前相談
  2. 希望のファクタリング会社に申し込み
  3. 必要書類の提出
  4. 審査
  5. 契約
  6. 入金

1.事前相談

まずは、ファクタリン会社に問い合わせて事前相談を実施します。

事前相談では、「審査をするために売掛債権の買取に応じてもらえそうか・どれくらいの期間で資金調達ができそうか・手数料がどの程度になりそうか」などのある程度の見通しを立てるのが目的です。

無料で実施できるため、複数の会社で並行して進めるのがおすすめです。

前述した個人事業主でも利用ができるのか、償還請求権があるのかという点も、事前相談で確認しておくとよいでしょう。

また、3社間ファクタリングを利用するケースでは、事前相談後に取引先へファクタリングの合意を得ておくのが大事です。

合意を得ておくことで、審査までの時間が早くなるため、スムーズな資金調達が可能となります。

2.希望のファクタリング会社に申し込み

続いて、事前相談の中で条件に合ったファクタリング会社があれば、申し込みの手続きをおこないます。

申し込みは、主にオンライン・対面・郵送・電話などで実施されます。

もし、即日での資金調達をしたい方は、オンラインでの申し込みがおすすめです。

申し込みをすると、基本的にはキャンセルが難しい状況になります。

もし、悪質な業者に申し込みをしてしまった場合は、高額の手数料を請求してきたりするケースがあるため、事前相談の中で見極めておくのが重要です。

3.必要書類の提出

申し込み後は、審査に向けて必要な書類を提出します。

ファクタリングで必要となる書類は、主に以下のものがあげられます。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 銀行通帳
  • 法人登記簿謄本
  • 決算書
  • 売掛金の情報(請求書など)

必要書類は、ファクタリング会社ごとに変わってくるため、上記以外の書類を求められるケースもあるでしょう。

また、必ずしも全ての書類を用意しなくてもファクタリング自体は利用できることが多いです。

しかし、書類が多いほど審査が有利に働き、手数料をお得に利用できる可能性が高くなるため、できる限り書類を用意したほうがよいでしょう。

4.審査

審査は、提出した書類とヒアリングの内容によって進められます。

ヒアリングでは、書類上に記載のない内容を確認されます。
主に、以下の内容を聞かれるケースが多いでしょう。

  • 自社でおこなっている事業の詳細
  • ファクタリングに至った背景
  • 売掛先との関係性
  • 売掛先からの合意の有無(3社間ファクタリングのみ)

経営者であれば、問題なく答えられる内容となっているため、虚偽の内容を伝えずに回答していくのが大事です。

もし、虚偽の内容で答えてしまうと、信用力がないと判断されて審査に落ちてしまう可能性が考えられるでしょう。

5.契約

審査が通過した後は、条件に従って契約を締結します。

契約の締結時には、契約書の書面に応じて進められていきます。

契約時に重要なのは、契約書の内容に納得できない点がないのか、虚偽の内容を記載されていないのかを隅々まで確認することです。

口頭では魅力的なファクタリングの内容を伝えていたとしても、契約書の内容には全く違うことを記載しているケースがあります。

こうした悪徳業者と契約しないためにも、契約書の内容をファクタリング会社に確認しながら双方が納得のいく形にしていきましょう。

もし、契約書の内容が正しいかどうか確証をもてない方は、専門の弁護士などに一度契約書を確認してもらうのもおすすめです。

6.入金

契約の締結後は、いよいよ指定の口座に売掛金が入金されます。

審査がスムーズにいけば、数時間で入金まで完結できるケースもあります。

2社間ファクタリングの場合は、売掛金に手数料分を上乗せしてファクタリング会社へ支払わなければならないため、売掛先の支払いがあったら忘れずに対応しましょう。

即日で現金が調達できる優良ファクタリング会社6選

即日で現金調達をしたいときにおすすめなのが、以下6つのファクタリング会社です。

  • QuQuMo
  • ベストファクター
  • 事業資金エージェント
  • ウィット
  • labol
  • 日本中小企業金融サポート機構

それぞれの特徴を解説しましょう。

QuQuMo

「QuQuMo」は、完全オンラインで2社間ファクタリングを採用しているため、最速2時間で資金調達ができるファクタリング会社です。

手数料は1%からとなっており、業界トップクラスの低コストを実現しています。

さらに、金額の上限がないため、売掛金に応じて柔軟に対応してくれます。

法人・個人問わずに利用ができるため、幅広い方におすすめできるファクタリング会社です。

ベストファクター

「ベストファクター」は、最短1日のスピード資金調達を実現しているファクタリング会社です。

申し込み画面から売掛債権の請求書を送信するだけで、最短24時間以内に入金が完了します。

買取手数料は2%からで、業界でも最低水準の利率が魅力的です。

平均買取率は89.7%を誇り、即日の振り込み実績も63.6%と半分を超えています。

事業資金エージェント

「事業資金エージェント」は、500万円までの売掛金であれば即日で資金化ができるファクタリング会社です。

対面不要の非対面での取引のため、500万円までの取引は最短3時間で入金が完了します。

500万円以上の売掛金については、1,000万円までであれば担当者が出張対応をおこない、即日対応をしてくれます。

手数料は業界最低水準の1.5%からであり、100万円以下から2億円まで幅広い売掛金での利用が可能です。

ウィット

「ウィット」は、最小30万円の買取実績がある小口専門のファクタリング会社です。

ウィットは、買取金額の上限が500万円となっており、大口よりも小口での取引を中心としている方に向いています。

非対面による取引で、最短2時間で成約を完了した実績があります。

コンサルティング事業も展開しており、今後の資金調達で悩んでいる場合にもサポートを受けられるのが特徴です。

labol

「labol」は、個人事業主や小規模事業者に向けてサービスの展開するファクタリング会社です。

業界でも最速となる最短60分での入金を実現しているのに加えて、24時間365日の振り込みとなっています。

さらに、面談不要でオンライン上にて完結できるため、手軽にファクタリングの利用が可能です。

1万円からの売掛金に対応しており、手数料は一律10%で設定されているため余計な費用を考えずにすみます。

日本中小企業金融サポート機構

「日本中小企業金融サポート機構」は、営利を目的としない非営利団体によって形成されているファクタリング会社です。

審査までの時間は最短30分で実施されるため、すぐにでも資金を準備したい方に向いています。

さらに、手数料は業界でも最低水準となる1.5%からのため、低コストでファクタリングの利用が可能です。

即日でファクタリングを利用する際に注意しておきたいこと

即日でファクタリングを利用するときには、以下の点に注意が必要です。

  • 即日可でもできない場合がある
  • 審査に通らないと現金化はできない

それぞれの注意点を解説します。

即日可でもできない場合がある

ホームページ上で「即日現金化」と謳っていたとしても、申し込み時の条件によっては即日で対応できない場合があります。

特に、以下の条件によって入金までのスピードが変わってくるでしょう。

  • 売掛金の金額
  • 申し込む時間帯
  • 売掛先の信用力
  • 利用者の信用力
  • 書類が揃うまでの時間

売掛金の金額は、大きくなるほど審査に時間がかかります。

なぜなら、売掛金が大きいほど未回収時のリスクが高くなるため、ファクタリング会社は念入りに審査を実施するためです。

申し込む時間帯によっても、入金までの時間が異なるでしょう。

ファクタリング会社は24時間営業しているわけではないため、できるだけ営業時間が早いときに申し込みをすることで、審査までのスピードも早くなります。

他にも、売掛先や利用者自身の信用力も影響します。

ファクタリング会社は、売掛金の回収が問題なくできるかを見極めるため、経営が安定している企業であれば審査もすぐに終わるでしょう。

さらに、利用者についても過去に何らかの問題を引き起こしていないかなどを確認するため、何も問題がなければスムーズに完了します。

最後に、審査時には書類の提出が必要になるため、事前に用意しておくことで審査までの時間をスムーズに進められます。

しかし、前述した条件を満たしたとしても、ファクタリングは必ずしも即日での資金調達ができるわけではないため、事前に入金までの日数に余裕をもっておくのが大事です。

土日の即日現金化はハードルが高い

土日にファクタリングを利用する場合には即日現金化が困難でしょう。

なぜなら、ファクタリング会社の多くは土日に営業していないため、申し込んだとしても審査されるのが週明けになってしまうからです。

したがって、土日に資金調達を考える場合には、即日での現金化が難しいと認識しておきましょう。

審査に通らないと現金化はできない

ファクタリングは、銀行融資と同じく審査にとおらなければ現金化ができません。

融資とは違い、利用者が赤字経営をしていても利用できるため、審査のハードルは低めといえるでしょう。

しかし、売掛先の経営状況が重視されるため、信用力の高い企業であるかによって変わってしまいます。

他にも、必要書類の準備なども求められるため、事前に確認した上で提出するようにしましょう。

ファクタリングを即日で調達するためのコツ

ファクタリングを即日で調達するためには、以下6つのコツがあります。

  • 信用の高い売掛債権を使う
  • 必ず2社間取引でおこなう
  • 申し込む前に必要書類は集めておく
  • 複数のファクタリング会社に見積もりを依頼する
  • 午前中にファクタリング会社に依頼する
  • 即日希望であることをはっきりと伝える

それぞれのコツを解説しましょう。

信用の高い売掛債権を使う

ファクタリングで利用する売掛債権は、信用力の高いものほど有利に働きます。

ファクタリングでは、審査の中で売掛先から問題なく売掛金が回収できそうかを判断します。

そのため、売掛先の規模が大きく、経営も安定しているようであれば、問題ないと判断されて審査が終わるスピードも早くなるのです。

もし、売掛債権が複数あるときには、できるだけ支払い能力の高い売掛先を選択して利用するのがおすすめです。

他にも、売掛先との取引実績が多いほど、ファクタリング会社側は未回収のリスクが低いと判断するため、できるだけ古くから付き合いのある売掛先を選択するとよいでしょう。

必ず2社間取引でおこなう

即日でのファクタリングを実施する場合には、必ず2社間ファクタリングを選択しましょう。

2社間ファクタリングは、売掛先を交えずに利用者とファクタリング会社との間で取引を進めていきます。

一方で、3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングの利用に関する合意を得る必要があるため、やり取りの回数が増えて時間がかかってしまうのです。

特に、売掛先がファクタリングの利用に対してマイナスなイメージをもっていると、合意を得るために何度もかけ合わなければならないため、資金調達までに時間がかかってしまいます

ただし、2社間ファクタリングは手数料が高くなってしまうので注意しましょう。

申し込む前に必要書類は集めておく

ファクタリングの審査時には、いくつかの書類を提出しなければなりません。

書類を提出しなければ審査が始まらないため、入金を早めるためにも事前に用意しておくのが大事です。

必要書類は、ファクタリング会社によって異なるため、事前相談の段階で詳しく確認しておくとよいでしょう。

書類の中には、役所などに行って申請しないともらえないものもあるかもしれないので、計画的に準備を進める必要があります。

複数のファクタリング会社に見積もりを依頼する

ファクタリングの利用時には、複数の会社に見積もりを依頼することで、最も条件がよいところを選択できます。

複数のファクタリング会社への見積もりは、手数料や資金調達までのスピードを比較できるのです。

お得に利用するためにも、複数のファクタリング会社への見積もりは欠かせません。

午前中にファクタリング会社に依頼する

即日で資金調達したいときには、午前中のうちにファクタリングの申し込みをしましょう。

ファクタリング会社の中には、営業時間が終了する時間にきた申し込みの審査を翌日にまわすケースがあります。

その結果、当日中に資金調達をしたかったとしても、入金されるのが翌日以降となってしまいます。

そのため、できるだけファクタリング会社の早い営業時間帯となる午前中に申し込みを実施するようにしましょう。

即日希望であることをはっきりと伝える

即日で資金調達をしたいときには、申し込み時点ではっきりと即日希望であることを伝えるのが重要です。

ファクタリング会社へ伝えることにより、その時点で即日現金化が難しいかどうかを判断してくれます。

もし、難しい場合には他の売掛債権に変更したり、別のファクタリング会社を利用したりするなどの対応が可能でしょう。

ただし、即日現金化を希望することにより、手数料を高めに提示されるケースがあります。

なぜなら、即日を希望するということは、「資金に困っているのではないか」とファクタリング会社が勘繰るためです。

ファクタリング会社は、ビジネスとしてファクタリングを取り扱っているため、資金に困っている企業には多少手数料を高く提示しても利用するだろうと判断します。

したがって、即日現金化を申し出るときには、あくまでも余裕を見せながら伝えるようにしましょう。

まとめ

今回は、即日現金化を実現できるファクタリング会社の特徴や、即日での利用時に注意するポイントを解説しました。

ファクタリング会社は、利用時の条件によって変わってくるものの、即日現金化を謳っているケースが多いです。

しかし、即日現金化を謳っていたとしても、審査時の条件によって数日かかってしまうこともあるでしょう。

ファクタリングで即日現金化を実現したい方は、今回紹介した即日現金化のコツを参考にしながら進めていきましょう。

タグ一覧