償還請求権なしでファクタリングを利用する際の注意点|償還請求権なしで利用できる会社も紹介

公開日:2022.08.22 更新日:

ファクタリングを償還請求権なしで利用する際の注意点

ファクタリングにおいて、「償還請求権」がついていると売掛債権が回収不能となった時に、利用者が債務を返済しなければならなくなるため、利用者にとってはリスクとなります。

実は、現在では多くのファクタリングは償還請求権なしで利用が可能です。

むしろ貸金業登録がない業者の償還請求権付のファクタリングは、違法の可能性もあります。

この記事では償還請求権の意味と、償還請求権なしでファクタリングを利用するときのポイント、そしておすすめのファクタリング会社を紹介します。

償還請求権のせいでファクタリング利用を躊躇している人は、ぜひ参考にしてください。

償還請求権ありのファクタリングは、債務返済リスクがある

償還請求権ありのファクタリングでは、取引先の倒産などにより売掛債権の取引先からの返済が滞ると、債務を肩代わりするリスクが発生します。

ここではまず償還請求権ありのファクタリングのリスクを紹介します。

償還請求権(ウィズリコース)があると債務を肩代わりするリスクが発生

償還請求権は「ウィズリコース」とも呼ばれています。

売掛債権の債務者にあたる取引先の倒産などにより、債務が返済されないときに、ファクタリング会社が利用者に債務返済を要求できる権利です。

すなわち、取引先が倒産などにより売掛債権に基づく代金を支払えなくなると、利用者が債務返済を肩代わりするリスクを負うことになります。

利用者にとってはリスクの高い取引なのです。

ノンリコースなら債務を肩代わりするリスクは基本的にない

償還請求権がない取引のことは「ノンリコース」と呼ばれます。

この場合は利用者が債務を肩代わりする義務は発生しません。

ファクタリングの場合は、ファクタリング会社が取引先に直接債務返済の連絡や督促をおこなうことになります。

資金繰りに余裕がない時に債務の肩代わりを求められるのは、連鎖倒産のリスクも高まるため、基本的にファクタリングは償還請求権無しの形式でおこなうのがおすすめです。

償還請求権なしでもファクタリングは可能

償還請求権つきのファクタリングは貸金業登録が必要で、ファクタリング会社にとってハードルが高いため、優良なファクタリング会社の多くは償還請求権なしのファクタリングサービスを提供しています。

多くの業者が償還請求権なしでのファクタリングを受付

償還請求権つきのファクタリングは、利用者にとってリスクが高いだけでなく、ファクタリング会社にとっても貸金業登録が必要であるなど、ビジネスをおこなうハードルが高くなっています。

そのため、現在では、多くの優良なファクタリング会社が償還請求権無しで手軽に利用可能なファクタリングサービスを提供しています。

取引をおこなう前には、必ず取引が償還請求権無しなのかを確認して手続きを進めてください。

償還請求権ありのファクタリングは貸金業登録が必要

償還請求権つきのファクタリングは、金融庁が「貸金業」に当たる可能性が高いとの見解を示しています。

すなわちファクタリング会社は、消費者金融などが登録している貸金業としての登録が必要です。

登録がなければ法令違反となる可能性が高いので、もし償還請求権ありのファクタリングを利用する場合は、会社の登録状況を必ず確認しましょう。

貸金業登録ありの業者とのファクタリングなら取引先は信頼できる

貸金業登録は資本金5,000万円以上、国家資格「貸金業務取扱主任者」保有者の在籍、紛争解決機関との契約締結など複数の条件をクリアしたうえで審査に合格しなければなりません。

裏を返せば、貸金業登録を経たうえで、正当な形で償還請求権ありのファクタリングサービスを提供している会社は、金融庁からも認証された信頼のおける会社といえます。

名の知れた銀行・ノンバンクなどが手掛けるファクタリングも多いため、こうした大手金融機関とのリレーション構築もかねて、あえて償還請求権つきのファクタリングを利用するという考え方もあります。

償還請求権なしでファクタリングする場合の注意点

償還請求権なしのファクタリングには、審査が厳しい、手数料が審査結果に依存するなどの注意点があります。

これらの注意点を理解したうえで、ファクタリング利用を検討してください。

売掛債権の信用力を厳しく評価される

償還請求権なしの場合、ファクタリング会社が資金回収リスクを全面的に負うことになります。

そのため、利用者の信頼度はさほど厳しくみられない一方で、ファクタリング会社は特に売掛債権における債務者の信用力を厳しく審査します。

債務者がビジネス実績のない中小企業だったり、財務基盤の弱い企業だったりすると、審査が滞る可能性もあります。

売掛債権の質が審査結果や手数料に影響

償還請求権なしのファクタリングでは売掛債権の質が審査結果や手数料水準に大きく影響を与えます。

売掛債権の資金回収リスクが高いと判断されると、審査に落ちて現金化ができないリスクも。

また、手数料水準も売掛債権の質によって変動する可能性があります。

債務者の信用力が低いと高額な手数料が入金額から割り引かれて、想定より低い額の現金しか受け取れないリスクもあるのです。

償還請求権なしのファクタリングを利用するときは、できるだけ信用力の高い取引先に発行した売掛債権を活用するのがおすすめです。

手数料が高くなりがち

ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社の資金回収リスクの対価として発生するもの。

償還請求権なしのファクタリングは、相対的に資金回収リスクが高いことから、基本的に手数料水準は割高に設定される傾向にあるのです。

できるだけ売掛債権の額面に近い金額のファクタリングを実現するために、あえて償還請求権ありのファクタリングを利用するという選択肢もあります。

償還請求権なしで利用できるファクタリング会社3選

償還請求権なしのファクタリングをおこなう場合は実績があり、信頼のおける会社と取引をおこなうのがおすすめです。

ここでは償還請求権なしのファクタリングが利用できるおすすめの会社を3社紹介します。

ペイトゥデイ

  • 累計申込額20億円と実績豊富
  • 最低手数料1%の低水準
  • AI審査により即日振込が可能

ペイトゥデイはこれまでの累計申込額20億円と、豊富な取引実績を持っています。

公式Webサイトのお問い合わせページには、売掛先の倒産時に利用者の支払い義務が発生しないことも明記されており安心です。

手数料は1~9.5%と、特に2社間ファクタリングでありながら下限の手数料が低いのが特徴です。

手数料の高さが気になって償還請求権なしのファクタリング利用を躊躇している人は、ペイトゥデイを検討してみるとよいでしょう。

同社ではAIで審査をおこなう仕組みを構築しており、手続きは全てオンラインで完結します。

また、最短30分で即日の現金化が可能です。

法人・個人事業主双方が利用可能で、最低10万円から取引を受け付けているので、少額の現金化にも便利です。

ビートレーディング

  • 手続き方法を柔軟に選べる
  • 買取額の上限・下限はなし
  • 手数料は最高で12%程度

ビートレーディングでは手続きをオンライン・訪問・来社の3パターンから選ぶことができます。

簡単に済ませたい人はオンライン手続きが便利である一方、契約内容についてしっかりと説明を受けたい人には対面での契約もおすすめです。

同社では買取額について上限・下限を設定していません。

過去には3万円~7億円までの現金化実績があり、さまざまな金額の請求書に柔軟に対応可能です。

同社の手数料は2社間で4~12%程度、3社間で2~9%程度となっています。

二つの取引形態に対応しているので、自分にとってメリットの大きい方を選択しましょう。

イージーファクター

  • 最短60分で振込完了
  • 手続きはオンラインで完結
  • 手数料は2~8%と低め

イージーファクターは迅速に現金化が完了するファクタリング会社です。

書類を事前にまとめておけば、最短60分で振り込みまで完了します。

すぐに現金が必要な時に便利です。

同社ではクラウドサインやZOOMを活用して、全ての手続きをオンラインで完結する仕組みを構築しています。

請求書をアップロードするだけで本審査に入る前に10分で見積もりが取れる仕組みも便利です。

手数料は2~8%と定められており、2社間ファクタリングとしては低めです。

ただし、現金化の下限は300万円に設定されており、利用者も基本的には法人をターゲットとしているので、個人の方は別の会社を利用しましょう。

償還請求権無しのファクタリングなら債務を支払うリスクがなく安心

ファクタリングに償還請求権があると、取引先が倒産したときに債務を肩代わりするリスクが発生します。

現在では貸金業登録なしでもサービスを提供できる償還請求権無しでのファクタリングをおこなっている会社が多数あるので、債務肩代わりのリスクを負いたくないなら、こうした会社を利用しましょう。

自身にとって適した会社選びに悩んだら、今回紹介したおすすめを参考に、安心して利用できるファクタリング会社で手続きをおこなってください。

    タグ一覧