ファクタリングの種類・仕組み・注意点|悪徳業者の見分け方と優良会社を紹介

公開日:2022.07.26 更新日:

ファクタリングの種類・仕組み・注意点

「資金繰りを改善したい」「できるだけ早く資金調達がしたい」とお困りの方もいるのではないでしょか。

ファクタリングは、最短即日で資金調達が可能であるため、今すぐにでも資金が欲しい方に向いている方法です。

しかし、「ファクタリングって違法じゃないの?」「何か注意する点はないの?」と悩んで利用に踏み切れない方も多いでしょう。

当記事ではファクタリングの仕組みと流れについて解説し、メリットやデメリットを踏まえた注意点を解説します。

ファクタリングとは?ファクタリングの仕組みと流れを解説

ファクタリングとは、どのような仕組みと流れで利用できるのでしょうか?

ここでは、ファクタリングの特徴と大きな流れを解説します。

ファクタリングとは?金融庁が注意喚起しているが違法ではない

ファクタリングとは、取引先との間で生じた営業上の未収料金をファクタリング会社へ売却し、あらかじめ決められた手数料分を差し引いた料金を受け取れる法律上問題のないサービスです。

しかし、中にはファクタリングを違法なサービスだと思っている方もいます。

なぜ、違法性を疑う声があるのでしょうか?

それは、金融庁が発表している「ファクタリングに関する注意喚起」の影響が考えられます。

注意喚起では、ファクタリングを違法としているのではなく、高額な手数料を要求する闇金業者や、偽装ファクタリングに対して注意を促しているのです。

偽装ファクタリングを見抜くためのポイントとしては、契約書を以下の観点で注意深く確認する必要があります。

  • 「債権譲渡契約」の記載があるか
  • 「売り主が債権を買い戻す規定」や「売掛金の回収が困難なときに売主側の負担で支払う担保する規定」の記載があるか
  • 手数料が高額になっていないか

偽装ファクタリングを利用しないためには、実績のある企業を選定するのが大切です。

2社間・3社間ファクタリングの特徴と仕組み

ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

それぞれの特徴と仕組みについて解説しましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、売掛金を売却したい利用者と買い取るファクタリング会社との間で進められる取引のことです。

最大の特徴は、2社間で取引が進められるため、売掛金が発生している取引先にファクタリングの利用を知られる心配がないことです。

もしファクタリングの利用が取引先に伝わってしまった場合、「資金繰りが悪化しているのではないか」「経営が傾いているのではないか」と不安に思われてしまい、今後の取引がなくなってしまう恐れがあります。

取引先としては、業績や資金が安定している企業との取引を求めているため、ファクタリングの利用がマイナスイメージを与えてしまうのです。

しかし、取引先に知られないメリットがある一方で、3社間ファクタリングよりも手数料が高くついてしまいます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、売掛金を売却したい利用者と買い取るファクタリング会社に取引先も加え、3社間で進められる取引のことです。

2社間ファクタリングと比べ、手数料が安くなります。

しかし、ファクタリングを利用するためには取引先の合意を得る必要があるため、取引先に知られてしまうデメリットがあるのです。

3社間ファクタリングを利用すると、「経営難で企業が苦しいのではないか」と取引先が勘繰る可能性が高いため、今後の取引に悪影響が出る可能性も考えられます。

さらに、関係者が増えるため合意を得るために時間がかかってしまい、結果的に資金化まで長期間を要する可能性もあるでしょう。

ファクタリングを利用してから入金されるまでの基本的な流れ

ファクタリングの利用から資金化までは、以下の流れで進んでいきます。

  1. ファクタリング会社へ問い合わせる
  2. 審査がおこなわれる
  3. ヒアリングがおこなわれる
  4. 契約を結ぶ
  5. ファクタリングの入金がされる

まずは、ファクタリング会社のホームページの問い合わせフォームや、電話から利用する旨を問い合わせます。

その後、売掛先の信用力が高いのかを審査され、問題がなければ具体的なヒアリングです。

ヒアリングは、直接来店や訪問をするケースもあれば、最近ではオンライン上で完結する企業も増えています。

ヒアリングの結果、両者が合意できればファクタリングに関する契約を交わします。

契約を締結すれば、指定の口座に売掛金から手数料を引いた金額が入金されるのです。

企業によっては、資金化に即日で対応するケースもあるため、調達までのスピードを考えてファクタリング会社を選定するのもよいでしょう。

ファクタリングの審査対象

ファクタリングはサービスの利用者ではなく、売掛金の対象となっている取引先の返済能力が重視されます。

つまり、利用者の返済能力は審査対象外となり、取引先の信用力が高ければ利用可能です。

したがって、経営の安定している大企業などが売掛金の対象の場合は、審査が有利になる可能性が高いでしょう。

ファクタリングのメリットとデメリット

ここでは、ファクタリングのメリットとデメリットを見ていきましょう。

4つのメリット

ファクタリングには、主に以下4つのメリットがあります。

  • 売掛先の信用力が審査対象のため自社の業績に関わらず資金調達ができる
  • 担保・保証人なしで資金調達が可能
  • 最短で即日に現金が手に入る
  • 負債が増えない

それぞれ解説します。

売掛先の信用力が審査対象のため自社の業績に関わらず資金調達ができる

ファクタリングは審査対象が売掛金の対象となる取引先であるため、利用企業の業績が悪化していても資金調達が可能です。

もし、融資やローンの場合は利用企業が審査対象となるため、返済能力がないと審査に落ちてしまいます。

しかし、ファクタリングは利用する企業の信用情報が対象外になるため、資金繰りを改善するために利用ができます。

担保・保証人なしで資金調達が可能

ファクタリングは利用にあたって担保や保証人が不要です。

もし、融資やローンによる資金調達を実施する場合は、支払えなかったときのために担保や保証人を用意しなければなりません。

したがって、担保や保証人を用意できないと悩む企業でも、ファクタリングの利用は可能です。

最短で即日に現金が手に入る

ファクタリングは、利用するファクタリング会社によって最短即日で現金化ができます。

通常、売掛金の対象企業は支払期日になるまで入金をする必要がないため、こちらの都合で早めに入金を依頼しても断られるケースが多いです。

さらに、入金を催促することから企業の経営難を勘繰られてしまい、今後の取引に悪影響が出てしまうことも考えられます。

ファクタリングは、取引先に知られることなく最短で即日の現金化が可能なため、今後の取引に影響を与えずに資金調達をできるのが特徴です。

負債が増えない

ファクタリングは、既に発生している売掛金を現金化する手段のため、利用しても負債が増えません。

銀行融資やローンの場合は借入を実施するため、その分が企業の負債となってしまいます。

しかし、ファクタリングは今後回収できる見込みのある資金を早めに現金化するサービスのため、負債を増やさずに利用が可能です。

4つのデメリット

ファクタリングには、主に以下4つのデメリットがあります。

  • 高額な手数料が発生する(特に2社間の場合)
  • 3社間の場合取引先にバレて関係が悪化する可能性がある
  • ファクタリングに依存しすぎると資金繰りが悪化する可能性がある
  • 悪徳業者と取引をするリスクがある

それぞれ解説しましょう。

高額な手数料が発生する(特に2社間の場合)

ファクタリングは、銀行融資やローンと比べて高額な手数料が発生してしまいます。

特に、2社間ファクタリングの場合は3社間ファクタリングと比べて高額になりやすいです。

たとえば、株式会社No.1の手数料で考えてみると、2社間ファクタリングが5~15%、3社間ファクタリングが1~5%となっています。

したがって、手数料と取引先との関係性を考慮しながら、ファクタリング手段を選定するのが大切です。

3社間の場合取引先にバレて関係が悪化する可能性がある

3社間ファクタリングの場合は、取引先に合意を得ながら進める必要があるため、利用が知られて今後の取引に悪影響が出てしまう可能性があります。

2社間ファクタリングでは、取引先を含めずに利用者とファクタリング会社間での取引となるため、知られずにファクタリングの利用が可能です。

しかし、3社間ファクタリングは手数料が安くなる一方で、取引先に利用の合意を得なければなりません。

したがって、今後の取引に悪影響が出るだけではなく、業界全体で経営が苦しいといった噂が広まるケースも考えられるでしょう。

ファクタリングに依存しすぎると資金繰りが悪化する可能性がある

ファクタリングは早めに現金化できるサービスであるため、一時的に資金繰りが良くなるケースも考えられるでしょう。

しかし、ファクタリングを利用し続けてしまうと、手数料分が毎回引かれてしまうため、結果的には資金繰りが悪化してしまう可能性があります。

したがって、毎回ファクタリングを利用するのではなく、銀行融資やローンなどの資金調達も視野に入れながら選択するのが重要です。

悪徳業者と取引をするリスクがある

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を要求する闇金業者や、貸金業の登録がされていないにもかかわらず取引をしている違法業者が存在します。

利用時には、実績のある業者であるかを確認し、相場を超える手数料でないかを見極める必要があります。

ファクタリングの利用がおすすめの企業の特徴

ファクタリングの利用がおすすめの企業としては、以下の特徴があげられます。

  • 銀行の融資が受けられず資金繰りに困っている
  • 取引先の企業の売掛金が回収できなそう
  • 早く資金調達をしたい

銀行の融資が受けられず資金繰りに困っている

企業によっては、銀行融資の審査が通らずに資金調達ができないと悩んでいることもあるでしょう。

ファクタリングは、こういった銀行融資の利用ができない企業におすすめです。

銀行融資は利用者の信用力に応じて審査が実施されるため、業績が悪化していたり、起業してすぐの企業だったり、実績が乏しかったりすると融資を断られるケースがあります。

特に、最近では新型コロナウイルスの影響で業績が不安定な企業も増えているため、審査が通らずに資金繰りに困っていることが多いでしょう。

そこでファクタリングは、利用者ではなく売掛金の対象となる企業の信用力が重視されます。

したがって、銀行融資が利用できない企業の場合は、ファクタリングであれば利用できるかもしれません。

取引先の企業の売掛金が回収できなそう

取引先との間に何らかの売掛金が発生した場合、取引先は期日までに入金をすればよいため、入金されるためには期日まで待たなければなりません。

しかし、場合によっては入金までのサイクルを早くし、期日前に欲しいケースもあるでしょう。

しかし、取引先に入金のサイクルを変えてほしいと依頼した場合、「企業の業績が悪化したのではないか」と不安を抱かせてしまい、今後の取引がなくなってしまうケースも考えられます。

ファクタリングは、取引先との入金サイクルを維持しつつ、現金だけを先に受け取ることができるため、売掛金の回収が先になりそうな場合に利用できます。

早く資金調達をしたい

企業の中には、新たな事業の創設や急な支払いが発生してしまったために、まとまった資金を準備しなければならないケースがあるでしょう。

ファクタリングは、こういった急な出費にも対応可能です。

ファクタリング会社の中には、問い合わせれば即日で資金化ができる場合もあるため、すぐにでも資金調達をしたい企業の方におすすめです。

それぞれのファクタリングの種類と注意点

ファクタリングには、さまざまな種類があります。

ここでは、「買取ファクタリング」「保証ファクタリング」「その他のファクタリング」の注意点を解説しましょう。

買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、取引先との間に発生した売掛金をファクタリング会社へ売却し、その後手数料を差し引いた分が利用者へ支払われる方法です。

ファクタリングと言われる場合には、一般的に買取ファクタリングを指しているケースが多いです。

注意点

買取ファクタリングの注意点としては、以下の3つがあげられます。

  • 契約書の記載が正しいか
  • ファクタリング会社は一括での支払いのみ
  • 不良債権は対象にならない

買取ファクタリングの利用時には、必ず契約書を結ばなければなりません。

ファクタリング会社の中には、違法な内容を契約書に記載してくる悪徳業者も存在するため、結ぶ前に妥当な内容であるかを確認する必要があります。

また、ファクタリング会社への支払いは、現金での一括支払いのみとなっています。

分割での支払いは対応していないため、注意が必要です。

他には、既に支払期日が過ぎている不良債権については、ファクタリングの対象外となるため現金化ができません。

保証ファクタリング

保証ファクタリングとは、売掛金の支払いに対してファクタリング会社が保証してくれる仕組みです。

買取ファクタリングとの違いは、現金が支払われるのではなく、保証のみをしてくれるところです。

利用としては、取引先の支払い能力に不安がある場合や、取引先が1箇所に集中している場合が想定されます。

注意点

保証ファクタリングは、実際の支払いが発生するまでに時間がかかります。

保証金を受け取るためには、売掛金の回収が不可能だとファクタリング会社が判断しなければなりません。

しかし、不可能だと判断するのはファクタリング会社のため、判断の基準は会社によって異なります。

したがって、すぐに現金化を期待している場合には向いていないでしょう。

その他のファクタリング

そのほかには、以下のファクタリングが存在します。

  • 国際ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 一括ファクタリング

国際ファクタリングは、国外の企業との間で輸出が発生する場合に利用可能です。

ただし、海外のファクタリング会社によって審査等がおこなわれるため、国内よりも手数料が高くなる傾向です。

医療ファクタリングは、医療行為で発生する患者が自己負担する以外の費用(7割)を、医療機関が前もって現金化できるものです。

一般的には、医療行為が発生したときに保険によって自己負担額が3割となっています。

自己負担以外の部分は、社保や国保によって医療機関に支払われるのです。

しかし、医療機関への支払いは取引が発生した2ヶ月から3ヶ月後になってしまいます。

そこで、すぐにでも現金化できるのが医療ファクタリングです。

一括ファクタリングは、ファクタリング会社の代わりに金融機関が売掛債権の買取と利用者への支払いをおこなう仕組みです。

金融機関が関与するため、買取ファクタリングと比べて利用する企業の信用力が高くなければなりません。

こんなファクタリング業者は要注意!悪質ファクタリング業者がやる手口

ファクタリングには、悪徳な業者も存在しています。

ファクタリングを利用するときには、以下の手口を使ってくる業者に注意が必要です。

  • 給与ファクタリングをする
  • 担保・保証人を要求してくる
  • 審査や継続取引で手数料を上乗せする
  • 分割手数料をとる
  • 金利を大幅に超えた手数料をとる

給与ファクタリングをする

給与ファクタリングとは、毎月支払われる給料を前もってファクタリング業者に支払ってもらう仕組みです。

給与ファクタリングは貸金業に該当するため、利用する業者は貸金業への登録をすましておかなければなりません。

しかし、給与ファクタリングを謳っている業者の多くは、貸金業に未登録であるケースが多いため、給与ファクタリングと聞いたら悪徳業者である可能性が高いと認識しましょう。

担保・保証人を要求してくる

ファクタリングは、基本的に担保や保証人が不要であるため、要求された場合に注意が必要です。

もし、担保や保証人を要求してきた場合は、ファクタリングではなく融資の名目で契約を結ばせてくる可能性があります。

したがって、取引内容の確認や貸金業への登録の有無を確認するのが重要です。

審査や継続取引で手数料を上乗せする

悪徳業者の中には、勧誘するための広告やホームページ上に安価な手数料を記載し、審査後に高額な手数料を要求してくるケースがあります。

他にも、「審査の内容から他のファクタリング業者でも変わらない手数料だ」と言われ、信じてしまって利用してしまう企業も存在します。

騙されないためには、ファクタリングの相場となる手数料を把握しておくのが大切です。

分割手数料をとる

ファクタリングでは、一般的に業者への支払いを現金による一括支払いとしています。

しかし、中には分割払いを認めているファクタリング業者もいるでしょう。

そのときに注意しなければならないのは、分割払いごとに手数料を上乗せしていないのかどうかです。

悪徳業者でない場合は、支払う金額の総額に対して一度のみ手数料が発生します。

一方で、悪徳業者は分割支払いの度に手数料が発生するため、結果的に一括で支払うよりも高くなってしまうのです。

金利を大幅に超えた手数料をとる

悪質なファクタリング業者には、法律で定められた手数料を超えて要求してくる場合があります。

法律では、利息制限法によって、金額ごとの上限金利を以下に定めています。

  • 10万円未満(年20%まで)
  • 10万~100万円未満(年18%まで)
  • 100万円以上(年15%まで)

ファクタリングの利用時には、利息制限法の上限を超えていないかを見極めるのが重要です。

ファクタリング会社を選ぶときの比較ポイントと契約の際に気を付けるべき注意点

ファクタリング会社を選ぶときには、業者ごとに比較するポイントと契約時に注意する点があります。

ここでは、それぞれ解説しましょう。

会社を選ぶときの比較ポイント

ファクタリング会社を選ぶときには、以下のポイントを比較するのが大切です。

  • 手数料
  • ファクタリングについて丁寧に説明してくれる
  • 信頼性
  • 出している広告の妥当性
  • 入金されるまでの時間
  • 口コミや評判

手数料

手数料は、ファクタリングで発生する費用になるため、できるだけ低い手数料を選んでお得に利用したいところです。

ただし、ファクタリング会社のサービス内容や規模によって手数料の金額が変わってくるため、必ずしも手数料の低いところがよいわけではありません。

むしろ、相場と比べて手数料が低すぎる場合は、虚偽の可能性も考えられるため、慎重に選択する必要があります。

ファクタリングについて丁寧に説明してくれる

ファクタリングの利用時には、どのような仕組みで支払いがおこなわれるのか、取引先に知られるような可能性があるのか、融資との違いがなにかなどを丁寧に説明してくれる企業がおすすめです。

ファクタリングは、融資と比べて最近登場した資金調達方法の一種となるため、悪徳な業者ほど専門的な知識を持たず、メリットばかりを説明して契約させようとしてきます。

しかし、ファクタリングを専門としている企業はメリットとデメリットを解説し、利用すべき企業であるかの判断をしたうえで提案してきてくれるでしょう。

そのため、正しい知識をもって解説してくれる専門性の高いファクタリング会社を選ぶのが大切です。

信頼性

ファクタリング会社は、業界の中でも実績や経験のある会社を選ぶのがよいでしょう。

ファクタリングは歴史の浅い企業が多いため、その中には違法な取引をしてくる企業も多く存在します。

ファクタリングを利用するときには、企業の情報を調査したり、貸金業への登録を済ませているかを確認したりするのが重要です。

出している広告の妥当性

ファクタリング会社の中には、誇大広告を掲載して利用数増加を狙っているケースがあります。

たとえば、広告では低い手数料を掲載していたとしても、契約時には手数料が割り増しされている場合などです。

したがって、広告を見てファクタリングの利用を検討する場合には、相場と比較して妥当な手数料になっているのかなどを事前に確認しておくのがよいでしょう。

入金されるまでの時間

ファクタリングでは、現金化までのスピードも重要です。

利用者によっては、すぐにでも現金化をしたい場合があるでしょう。

その場合には、即日対応のファクタリング会社を選ぶことで資金調達までのスピードを短縮できます。

口コミや評判

ファクタリング会社を選択するときには、実際に利用した方の口コミや評判を参考にするのが大切です。

ホームページ上ではよいことばかりが記載されていたとしても、口コミや評判にはマイナスな内容が記載されているパターンがあります。

したがって、事前に利用する企業の口コミや評判を確認しておくのが効果的です。

ただし、口コミや評判にも虚偽の内容が含まれている可能性があるため、参考程度にとどめておきましょう。

契約のときに気を付けること

契約時には、以下の点に注意しましょう。

  • 手数料が出資法の範囲を超えていないかどうか
  • かかる金額が詳細に提示されているかどうか
  • ちゃんとした契約書を作成してくれるかどうか

手数料が出資法の範囲を超えていないかどうか

出資法とは金銭の貸し付けがおこなわれるときに、一定の金利以上で貸し付けをしてはならないとした法律です。

出資法では、最大で年20%を超える利息に対して厳しく制限しています。

本来ファクタリングは売掛金を前もって受け取ることから、貸し付け行為に該当しません。

しかし、ファクタリングの手数料は、出資法の金利内におさまっているケースが多くみられます。

したがって、利用時の手数料が出資法を超えていないのかに注意するのがよいでしょう。

かかる金額が詳細に提示されているかどうか

ファクタリング会社と契約を結ぶときには、手数料以外に発生する金額が詳細に提示されているのかを確認するのが重要です。

契約を結んでしまうと、解約するのに時間がかかる可能性があるため、事前に発生する費用を聞いて契約書などの書面上でも詳しく説明してもらうのが効果的です。

ちゃんとした契約書を作成してくれるかどうか

ファクタリングの契約時には、正しい内容の契約書であるかどうかの確認が大切です。

一度契約を結んでしまうと、契約書の内容について合意したことになってしまうため、事前に正しいかどうかの判定が求められます。

特に、以下の点には注意しましょう。

  • 手数料が割り増しされていないか
  • 担保や保証人が不要か
  • 報告義務があるか
  • 解約や解除についての内容
  • 契約期間
  • 違約金があるのか
  • 償還請求権があるのか

もし、内容について確認が難しい場合には、専門の弁護士などに確認してもらうのがおすすめです。

ファクタリングをするさいに必要な書類

ファクタリングを利用するときには、主に以下の書類が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 使用通帳の入出金
  • 取引先との契約書類

他にも、ファクタリング会社によっては取引先の経営に関わる書類など、追加で資料を求められるケースがあるでしょう。

おすすめの優良ファクタリング会社5社を紹介

ファクタリング会社の中では、以下の5社が優良なためおすすめです。

  • QuQuMo
  • ベストファクター
  • FREENANCE
  • 事業資金エージェント
  • ウィット

QuQuMo

QuQuMo

「QuQuMo(ククモ)」は、オンラインで完結できるファクタリングサービスを提供しています。

さらに、申込から入金まで最速2時間で完了するため、急な資金を用意しなければならないケースにうってつけです。

他にも、業界でトップクラスの低コストを実現しており、クライドサインによる契約手段で取引先に伝わることもありません。

ベストファクター

ベストファクター

「ベストファクター」は、非対面で契約が締結できるファクタリングで、10万~1,000万円までの資金調達に対応しています。

資金化までには、最短で1時間となっているため、すぐにでも資金化したい企業におすすめです。

さらに、審査通過率が92.25%という高水準であるため、他のファクタリング会社が利用できなかった方でも、安心して利用申し込みができるでしょう。

FREENANCE

FREENANCE

「FREENANCE」は、フリーランスとして活躍する個人事業主に特化したファクタリングサービスです。

フリーランス向けのファクタリングとしては、「日本マーケティングリサーチ機構」調べで7部門にて1位に輝くなど、圧倒的な評価を得ています。

一般的なファクタリングでは、まとまった資金を必要とする法人を対象としているケースが多いため、小口となる個人事業主の利用が難しい傾向にありました。

しかし、FREENANCEは1万円からの小口でも対応可能となり、個人事業主に向けた補償も提供しています。

事業資金エージェント

事業資金エージェント

「事業資金エージェント」は、最大2億円まで対応できるファクタリングです。

500万までの利用であれば最短3時間、さらに1,000万円までの利用は担当者の出張対応により、即日対応を実現します。

さらに、手数料は業界でも最低水準となる1.5%からとなっており、安心して利用できるのが特徴です。

ウィット

ウィット

「ウィット」は、最大500万円以下の小口取引を対象としたファクタリングです。

最小30万円の買取実績があり、最短2時間での資金化も実現しています。

また、ファクタリング事業以外にコンサルティング事業も展開しているため、資金調達に関する提案を受けることも可能です。

まとめ

ファクタリングは、取引先との間で発生した売掛金などの債権を資金化するサービスです。

まとまった資金が必要になった場合に、ファクタリングによる早期資金化が有効となります。

しかし、ファクタリング会社の中には高額な手数料を請求するような違法な会社も多く、事前に調査しておかなければなりません。

ファクタリングを利用するときには、今回紹介した比較のポイントや注意点を参考にしながら会社を選定していきましょう。

タグ一覧