請求書買取サービスとは?メリット・デメリットや個人事業主でも利用できるファクタリング会社を紹介!

公開日:2022.08.25 更新日:

請求書買取サービスとは?メリット・デメリットや個人事業主でも利用できるファクタリング会社を紹介!

請求書買取というのは、請求書をファクタリング会社などに譲渡して現金化する取引のことを意味します。

早期に資金調達をするファクタリングの方法として盛んに利用されています。

請求書買取は借金とは異なるため、自社の債務を圧迫せずに済む一方、手数料がかかるというデメリットもあるので、メリット・デメリット双方をふまえて利用を検討しましょう。

この記事では請求書買取の基本的な仕組みや、メリット・デメリット、おすすめの請求書買取の会社などを紹介します。

請求書買取サービスとは?

請求書買取サービスは、ファクタリングと呼ばれる資金調達手段の中でさかんに利用されています。

請求書の支払期限を待つことなく、速やかに資金調達をできるという特徴があります。

まずは請求書買取サービスの基本的な特徴や、「2社間」と「3社間」の買取という二つのタイプについておさえておきましょう。

専門業者に請求書を譲渡し、資金調達するもの

請求書買取サービスは、請求書を専門業者に譲渡することで資金調達する手法です。

商品やサービスなどを提供した対価である代金を受け取る権利を示すのが請求書で、ビジネスを営んでいれば、取引先にしばしば発行します。

通常、請求書は支払期限を定めるため、そのままでは期限が到来するまで入金されません。

しかし、請求書買取なら、請求書を専門業者に譲渡することで、即日~数日程度のうちに現金化できます。

いますぐに現金が欲しいが、通常の融資審査が通るか不安、もしくは借金をこれ以上増やしたくないという人には便利な資金調達手段です。

現金化できる金額は、通常、請求書の額面から専門業者の取り分となる手数料を差し引いた金額となります。

資金調達できる最大額は、主にこれら二つの要因で決まることをおさえておきましょう。

2社間と3社間の取引がある

請求書買取には2社間と3社間の二つの形式があります。

それぞれについて以下で解説します。

2社間取引

2社間の請求書買取は利用者と専門業者間だけで完結する取引です。

利用者は請求書を専門業者に譲渡し、後日取引先から請求書の代金が入金されたら、速やかに専門業者に支払わなければなりません。

取引に関わる関係者が少ないため迅速な現金化が可能で、最短即日で対応してくれる業者も少なくありません。

また、取引先にファクタリング利用の事実が知られないというメリットもあります。

一方で、専門業者にとっては取引先に直接資金回収を促すことができず、現金回収リスクの高い取引です。

そのため、手数料が高めに設定されるという特徴もあります。

3社間取引

次に、3社間の請求書買取は、利用者と専門業者に加え、取引先(請求書における債務者)も加わる取引です。

利用する際に、利用者は取引先の承認を得る必要があります。

また、請求書の代金回収は、専門業者が直接取引先とコンタクトして進められます。

専門業者が直接取引先にアクセスできることから、現金回収リスクが低いため、手数料がおさえられる傾向にあります。

また、利用者が自ら取引先の現金回収をしなくてよいというのもメリットです。

一方で、取引先に請求書買取の利用が知られるというデメリットがあります。

このことで取引先は「あの会社は、資金繰りが悪化しているのでは?」との誤ったイメージを持つことがあり、今後の取引関係に悪影響が出る可能性があります。

また、取引にかかわる関係者が多いため、2社間よりも入金まで日数がかかる傾向にあります。

請求書買取はファクタリングの一種

請求書買取は、売掛債権を活用した資金調達や、売掛債権の保証サービスであるファクタリングの一種です。

またファクタリングのなかでも、特に盛んに利用されている取引形態であるため、請求書買取=ファクタリングと捉えられる場合もあります。

実際には、注文書で現金化ができる注文書ファクタリングや、売掛債権の資金回収ができなかった時に補填してくれる保証ファクタリングもあるので、完全に同義というわけではありません。

一方で、請求書買取の利用者は多いため、ファクタリング会社の多くが請求書買取によるファクタリングをメインビジネスとしています。

「請求書買取」と検索して思うように業者がみつからないときは「ファクタリング」と検索して業者探しをおこなうとよいでしょう。

請求書買取のメリット・デメリット

請求書買取には迅速な現金化ができる、借金を増やさずに済むなどのメリットがある一方、請求書の金額以上の資金調達ができないことをはじめとしたデメリットも存在します。

ここでは請求書買取のメリット・デメリットを紹介するので、両者を比較したうえで、請求書買取を利用すべきか検討してください。

請求書買取のメリット

まずは、請求書買取のメリットです。

主に、借金を抱えずに迅速に現金化ができることを便利に感じ、利用する人が少なくありません。

その他、次のようなメリットがあります。

  • 迅速な資金調達が可能に
  • 借金を抱えずに済む
  • 保証人や担保が不要
  • 償還請求権がないので安心

以下でそれぞれについて解説します。

迅速な資金調達が可能に

迅速に資金調達ができるのは、請求書買取の重要なメリットです。

特に2社間の請求書買取では審査が数十分で完了し、即日のうちに資金調達が完了する専門業者も少なくありません。

急に資金が必要になって、請求書の入金期限まで待っていられないときには、便利な資金調達手段です。

借金を抱えずに済む

請求書買取は、売掛債権の譲渡にあたる取引であるため、お金を借り入れて、後日返済しなければならない「借金」とは異なります。

借金を増やさずに資金調達できるのも重要なメリットです。

帳簿上に負債が増えるわけではないので、金融機関からの評価を圧迫する心配がありません。

また、利用時こそ手数料が差し引かれますが、後になって利息を取られたり、分割での支払いを求められたりすることもないのです。

負債をこれ以上増やしたくないという企業や個人事業主には、メリットの大きい資金調達手段といえるでしょう。

保証人や担保が不要

請求書買取では資金調達するために保証人や担保が不要です。

借り入れで資金調達をする場合には、金融機関との交渉にもよりますが、いざというときに借金を肩代わりする保証人や担保が必要になるケースが少なくありません。

しかし請求書買取は借金ではないため、保証人や担保を求められることはありません。

保証人や担保を確保するための事前準備が必要なくなるため、借り入れよりも手軽に利用できる資金調達手段といえます。

償還請求権がないので安心

通常の請求書買取は、償還請求権がない「ノンリコース」の形式でおこなわれます。

償還請求権とは、取引先から請求書の代金が入金されなかった時に、業者が利用者に資金を肩代わりしてもらうための請求をおこなえる権利を意味します。

この条項がない取引では、取引先から資金回収ができなかったときには利用者が請求書代金の支払いをせずに済みます。

あくまで資金回収については専門業者が対応することになるので、利用者にとってはリスクが低減されるのです。

なお、償還請求権つきの請求書買取は実質的に「貸金業」に該当する可能性が高いとの見解が金融庁から出ています。

貸金業登録なしに償還請求権つきの請求書買取をおこなっている業者がいたら、その業者は違法性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

請求書買取のデメリット

請求書買取には、手数料がかかるので請求書額面の満額は現金化ができない、そもそも手元に請求書がある時しか利用できないなどのデメリットもあります。

その他にも次のようなデメリットがあります。

  • 請求書の額面より入金額が少額になる
  • 請求書がなければ活用できない
  • 個人・フリーランスが利用できる会社が限られる

これらのデメリットをふまえて、計画的に利用することをおすすめします。

請求書の額面より入金額が少額になる

請求書買取は専門業者にとっての収益源となる手数料が必ず発生します。

そのため、必然的に現金化できる金額は請求書の額面よりも少額となります。

手数料の水準は2社間・3社間という取引形態のほか、取引をおこなう業者によっても異なります。

さらに請求書の金額規模や利用実績、請求書の債務者すなわち取引先の信用力などによって変わってきます。

信用力が低い請求書の場合には、手数料が相対的に高額となる可能性も。

請求書の期限を待って満額を受け取るべきか、手数料を割り引いてでもすぐに現金化すべきか、どちらが自分に適しているか比較して、請求書買取の利用を検討してください。

請求書がなければ活用できない

請求書買取はその源泉となる請求書がなければ利用できません。

ビジネスを営んでいれば頻繁に発行する請求書ですが、無限に存在するわけではないので注意が必要です。

むやみに請求書の現金化を頻繁に利用してしまうと、本当に資金繰りに困った時に手元に請求書がなく、打つ手がなくなるリスクもあります。

請求書買取の利用は計画的かつ慎重に判断し、少なくとも一部の請求書は資金調達の最終手段の一つして残しておくのがおすすめです。

個人・フリーランスが利用できる会社が限られる

請求書買取の業者の中には、利用者のターゲットを絞ってサービスをおこなっている場合もあります。

特に取引先も信用力の低いケースが相対的に多く、また請求書の金額規模が小さい個人事業主やフリーランスとは取引をおこなわない業者もいます。

フリーランスの取引を受け付けていても、割高な手数料を求める業者も。

個人事業主やフリーランスが請求書買取を利用するときは、フリーランスや個人との取引を強みとする業者を選ぶのがおすすめです。

請求書買取の会社の選び方

請求書買取をおこなうときには、自身にあった会社を選ぶことが大切です。

ここでは請求者買取の会社選びのポイントを紹介します。

ポイントは次の6つです。

  • 2社間・3社間どちらの請求書買取を利用するか
  • 手数料水準
  • 買取額の上限と下限
  • フリーランス・個人事業主が利用できるか
  • 現金化までにかかる日数
  • 実績や口コミなどの評価をもとに信頼がおける会社か

それぞれについて以下で詳しく解説します。

2社間・3社間どちらの請求書買取を利用するか

請求書買取の二つの形態である2社間と3社間の取引ですが、買取業者によってはどちらかの取引しか受け付けていないケースもあります。

自分の状況やニーズをふまえて、適した買取形態を選択しましょう。

2社間ファクタリングは、次のような人におすすめです。

  • 一両日中には現金が必要な人
  • 取引先にファクタリング利用の事実を知らされたくない人

3社間ファクタリングは、次のような人におすすめです。

  • 手数料をできるだけ抑えたい人
  • 信頼できる取引相手の売掛債権が手元にあり、取引先とスムーズにファクタリング利用の承諾が取れる人

手数料水準

手数料水準は、会社それぞれが定める上限・下限や審査結果によって変動します。

大きい金額の請求書買取が得意である、取引先の企業や団体の信用力を特に重視するなど、審査のポイントも会社によってさまざまです。

事前に簡単な見積もりができ、手数料水準の目途がつけられる会社も少なくありません。

自分が持つ請求書で取引をおこなったときに、できるだけ手数料が低く済む会社を選びましょう。

買取額の上限と下限

請求書買取の会社の中には買い取り額の上限・下限を定めている先も少なくありません。

上限・下限の金額が、自分が持つ請求書や、必要な資金調達額と照らし合わせて適切な会社を選びましょう。

個人事業主やフリーランスの場合は、数万円~10万円程度の少額の請求書をもつ人も少なくありません。

このような請求書は会社が定める取引の下限に引っかかって、現金化できないリスクもあります。

上限だけでなく、下限もしっかりとみて会社を比較検討しましょう。

フリーランス・個人事業主が利用できるか

フリーランスや個人事業主で請求書買取を利用しようとしている人は、これらの属性との取引を受け付けている会社を選ぶのが大前提となります。

法人限定となっている会社のほか、個人の手数料を高く設定していたり、下限額が高くて個人利用に不向きだったりする会社も少なくないので、注意してください。

現金化までにかかる日数

請求書買取は、通常速やかな資金調達ニーズがあるときにおこなうものなので、現金化にかかる日数は重要です。

2社間の場合は最短即日で現金化できる会社も少なくありません。

一方で、3社間は数日~1週間以上と開きがあります。

他の条件も踏まえながらではあるものの、一般的には短期間のうちに現金化できる会社が便利です。

実績や口コミなどの評価をもとに信頼がおける会社か

請求書買取サービスを提供する会社の多くは信頼のおける優良企業ですが、中には正当な取引を装い詐欺まがいの行為をおこなう悪質業者も存在します。

実際に過去に摘発事例もあるので注意が必要です。

買い取り実績が豊富な会社、口コミ・評価をみて信頼のおける会社と取引をおこなうようにしましょう。

おすすめの請求書買取の会社5選

最後に、フリーランス、個人事業主にも、法人にもおすすめの請求書買取の会社を5つ紹介します。

最後のウィット以外は「償還請求権がない」と公式サイトに記載がある会社なので、どの会社を利用すればよいか悩んでしまうという人は、こちらの5社から選択するとよいでしょう。

ペイトナーファクタリング

  • 最短10分で審査・入金完了
  • 手数料が10%固定と分かりやすい
  • フリーランスでも幅広い業種で利用可能

ペイトナーファクタリングは個人・フリーランスをターゲットとしたファクタリングです。

審査は請求書のアップロードだけで完結し、最短10分で審査完了と入金が同時におこなわれます。

また、手数料は審査によって変動することがなく10%と固定です。

資金調達できる金額が審査結果で変動することがないわかりやすいシステムとなっています。

なお2社間での請求書買取なので、取引先に請求書買取の事実が知られる心配もありません。

同サービスはエンジニア、デザイナー、カメラマン、ライターの方など、あらゆる職種のフリーランスが利用できます。

また、法人の利用も可能で、多くの利用実績があります。

累計利用者数は現在約1万人です。

OLTAクラウドファクタリング

  • 手数料は2~9%と審査次第では低水準に
  • 最短で即日・翌日に入金が完了
  • 累計申込金額900億円と実績豊富

OLTAクラウドファクタリングは手数料水準が2~9%と上限・下限が定められています。

最大でも一ケタ台の手数料で済むのは、2社間ファクタリングとしてはリーズナブルな水準です。

審査は必要書類に不備がなければ、最短即日もしくは翌日に入金が完了します。

すぐに現金が必要な時には便利です。

また手続きはオンラインで完結します。

面談や訪問が不要なので、手間なく進められます。

OLTAクラウドファクタリングは申込金額が累計900億円、利用事業者数は10,000社と請求書買取の実績が豊富です。

提携する金融機関も豊富で財務も安定してため安心して取引をおこなえます。

ビートレーディング

  • 2社間・3社間どちらも選べる
  • オンライン・来社・訪問で手続きができる
  • 3万円~7億円までの買取実績

ビートレーディングは2社間と3社間双方の請求書買取を受け付けています。

取引先へ知られないこと、手数料の低減どちらを優先するかをふまえて適した形態を選ぶことができます。

なお2社間を利用すれば最短5時間で現金化が可能です。

同社ではオンライン・来社・訪問の3形態で取引手続きを受けられます。

オンラインを希望する人にも、対面でしっかり説明を受けたい人にも便利な会社です。

必要書類は請求書のほか、入金がされる通帳のコピーだけなので、書類準備も簡単です。

買取金額の上限・下限はなく、個人でも法人でも利用しやすくなっています。

過去には3万円~7億円までの現金化実績があるため、幅広い金額規模の請求書に対応可能です。

Labol

  • 個人事業主・小規模事業者がターゲット
  • 最短60分入金で24時間365日対応可能
  • 手数料は一律10%

Labolは個人事業主・小規模事業者がメインターゲットの請求書買取の会社です。

最低金額1万円と少額から現金化ができます。

ビジネスを始めて間もない個人・企業や、新規取引先の請求書でも現金化を受け付けています。

審査は最短60分と短時間で完結します。

手続き開始はもちろん、振込まで基本的に24時間365日対応しているので、日中忙しい人でも夜間のうちに現金化を進められるのが特徴です。

手数料は一律10%と設定されていて、わかりやすいのが特徴です。

なお、同社のサービスは2社間ファクタリングのみとなっています。

郵送での書類送付が一切ないので、他人にサービス利用の事実が知られる心配はありません。

ウィット

  • 買取金額の下限なし
  • 最短2時間で現金化が可能
  • 2社間・3社間どちらの買取も受け付け

ウィットは買取額の下限が設定されておらず個人事業主の少額の買取にも柔軟に対応しています。

また開業間もない個人や赤字・債務超過の企業など、利用者自身の信用力が高くない場合でも利用可能です。

手続きはオンラインと電話を併用して非対面で完結します。

全国から対応ができ、最短2時間で現金化は完結します。

なお、買取請求権なしと公式Webサイトには明記されていません。

念のため契約締結の前に、契約書書面の確認や担当者への問い合わせなどを通じて、買取請求権のない契約であることを確認して取引を進めるとさらに安心です。

また、2社間の買取を基本としつつも、3社間の買取にも対応しています。

手数料水準は明示されていませんが、業界最安水準を追求するスタンスなので、手数料を引き下げたい人はウィットの3社間買取の利用を検討してみましょう。

請求書買取を活用すれば資金繰りが大きく改善

請求書買取は「ファクタリング」の一種でもあり、買取会社に請求書を買い取ってもらうことで、速やかな現金化が可能な手法です。

法人はもちろんのこと、個人事業主やフリーランスの資金繰りの安定化にも役立ちます。

ただし、手数料がかかることや、そもそも請求書が手元になければ現金化ができない点には留意しましょう。

手数料水準や、現金化までにかかる日数などをふまえて自身にあった買取会社を選ぶことをおすすめします。

どうしても取引相手に悩む場合は、今回紹介したおすすめの会社も参考にしてください。

    タグ一覧