ファクタリングは、なぜ違法と思われるのか?違法業者の特徴と安心のファクタリング業者5選

公開日:2022.08.25 更新日:

ファクタリングは違法?違法業者の特徴と安心のファクタリング業者5選

売掛債権を活用した資金調達手法であるファクタリングについて、違法であると誤解している人は少なくありません。

本来、ファクタリングは法的根拠がある正当な資金調達手段なので安心してください。

一方で、違法なビジネスをおこなう悪質なファクタリング業者もあります。

このような業者を利用して損害を出さないよう注意しましょう。

この記事ではファクタリングが違法ではない理由と、違法な悪徳業者の特徴、そして安心して利用できる優良なファクタリング業者を紹介します。

ファクタリングを利用したいが、違法ではないか不安に感じている人は、ぜひ参考にしてください。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングは、請求書などの売掛債権を活用した資金調達の手段で、それ自体は法に則った正当な取引です。

まずは、ファクタリングの基本的な仕組みを理解しましょう。

そもそもファクタリングは売掛債権を譲渡して現金化するもの

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡して、スピーディな資金調達ができる取引を指します。

ここでいう売掛債権とは、主に商品・サービスの納品後に取引先に発行する請求書が一般的ですが、一部注文書などでのファクタリングに応じる会社もあります。

売掛債権は、通常入金の期限が決まっているため、最長で期限が到来するまで現金が支払われません。

このタイムラグは、収益がしっかり出ているのに、手元資金が不足して経営が成り立たなくなる「黒字倒産」のリスクともなります。

ファクタリングは、この売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、売掛債権の額面からファクタリング会社の収益源である手数料を差し引いた現金がスピーディに手に入る手法です。

手元の資金管理を安定化させるために、企業や個人事業主・フリーランスなどに盛んに活用されています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

それぞれ異なる特徴があるので、自身にとって便利な形態を活用しましょう。

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社間のみで取引が完結する形態です。

売掛債権の債務者でもある取引先には知られることなく現金化を進められます。

また、関係者が少ないことから迅速な現金化ができます。

即日での現金化も受け付けているファクタリング会社も少なくありません。

ただし、3社間と比較すると2社間ファクタリングは手数料が高く設定される傾向にあります。

ファクタリング会社からみれば、債務者である取引先へ直接資金回収を促すことが困難なため、一般に資金回収リスクが高い取引であると考えられているためです。

3社間ファクタリングとは

一方で、3社間取引では取引先の承認を得たうえで、利用者・取引先・ファクタリング会社の3社でファクタリングを進めます。

取引先はファクタリング会社に直接債務を返済することに。

ファクタリング会社は取引先から直接資金回収ができ、相対的に資金回収リスクが低いため、手数料が低めに設定される傾向にあります。

ただし、この取引では、取引先にファクタリング利用の事実を通知しなければなりません。

ファクタリングを利用するという事実から、資金繰りに困っている企業との印象をもたれ、今後の取引に影響が出るリスクがあります。

ファクタリングは違法ではない

ファクタリングにまつわるトラブルや摘発事例が過去に存在するため、ファクタリング自体が違法なのでは、と誤解されることがあります。

しかし、ファクタリング自体は正当な法的根拠をもつ取引であり、もちろん違法ではありません。

むしろ経済産業省は、2020年に債権譲渡をしやすくする制度変更を実施しており、ファクタリングは以前より促進されているとみることもできます。

ファクタリングは法的根拠を伴う契約であり違法ではない

ファクタリングは「売買契約」もしくは「債権譲渡契約」にあたる取引であり、民法にその根拠が明記されている取引です。

すなわち正当な取引であり、違法性はありません。

また、2020年に経済産業省が制度変更をしたことで、さらにファクタリングをおこないやすい環境となっています。

2社間ファクタリングの法的根拠

2社間ファクタリングについては民法第555条の「売買契約」が適用すると考えられます。

第五百五十五条 売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

慣例的にファクタリングは「債権の譲渡」といいますが、厳密な債権の譲渡では債権者の移転登記が必要に。

実態として2社間ではこの登記の移転がおこなわれないケースが多いため、契約上は「債権の売買」と考えるのが適切です。

「売掛債権は売買できない」という法的根拠はないため、売掛債権はこの民法555条に則っとってファクタリング会社との売買が可能と考えられます。

3社間ファクタリングの法的根拠

3社間ファクタリングについては、正当な契約がなされていれば「譲渡契約」の一環となります。

第四百六十六条 債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。
第四百六十七条 債権の譲渡(現に発生していない債権の譲渡を含む。)は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

2社間ファクタリングでは、第467条記載されている「承諾」をえずに取引が進められるため「売買契約」に近い形態となります。

3社間ファクタリングではこの承諾がおこなわれるため、正式な譲渡契約に含まれると解釈可能です。

ファクタリングは貸金業ではない点に注意

ファクタリングは債権の「譲渡」や「売買」と解釈される範囲においては「貸金業」のビジネスには含まれないとみなすことができます。

ファクタリング会社の多くは貸金業登録をすることなくビジネスを営んでおりますが、これ自体は全く違法ではありません。

一方で、債権譲渡の契約内容によっては、貸金業とみなされるケースもあります。

  • 利息を定期的にとる
  • 分割返済を認めている
  • 給与ファクタリングをしている など

貸金業の範疇に含まれるビジネスをおこなう場合には、貸金業登録が必要になります。

これらのビジネスを無登録でおこなった場合は違法業者となります。

経済産業省はファクタリングを後押し

経済産業省は2020年の4月に債権法を改正し、譲渡制限付きの特約が債権者・債務者間で結ばれていても、債権の譲渡を有効とするルールとしました。

以前は、この制限がついている債権をファクタリングに出すのが難しく、円滑な資金調達の妨げとなっていました。

そのため、この法令変更はファクタリングを間接的に後押しする形となっています。

なお、経済産業省のリーフレットに基づくと「債権譲渡」だけでなく「債権の売り渡し」にもこの条項は有効であるとしています。

したがって、2社間ファクタリングについても、譲渡制限条項を気にせずにファクタリングに出すことが可能です。

参考元:債権法改正により資金調達が円滑になります(令和元年6月)

違法なファクタリングをおこなう悪徳業者に注意

ファクタリング自体は適法で、事実法令に則ってビジネスを営むファクタリング会社がほとんどですが、中には悪質な業者もいます。

次のようなビジネスをおこなう業者は違法となる可能性が高いので、誤って利用してトラブルにならないように注意しましょう。

分割払いができる、元利金の返済を求める業者は違法

ファクタリングは債権の売買もしくは譲渡とみなされることが重要です。

譲渡や売買では債権本体の契約内容は変更できないため、支払いのスケジュールを変えることはできません。

ここで、もし売掛債権の額面を分割払いする形にすると、その分割払いを求める契約は「貸金業」の一種となります。

また、元利金の返済を利用者に求める場合も同様です。

利用者に債務返済を求める行為自体が「貸金業」当たる可能性が高く、そこに利息を設定してしまうと、さらに貸金業の色が濃くなります。

いずれのケースも貸金業登録がなされていない多くのファクタリング会社においては違法性が高いと考えられるので注意しましょう。

給与ファクタリングは貸金業登録をしていなければ違法

給与ファクタリングは、手数料を支払って、月給を「前借」するための取引です。

これは給与をもらう権利が労働者の「債権」であるとみなせば、一見正当なファクタリングにみえます。

しかし、この取引は金融庁が「貸金業に当たる」との見解を示しているため、やはり貸金業登録がなければ違法です。

この契約は、給料が発生するたびにその給料を業者に支払うことになるため、生活破綻のリスクが高い取引です。

絶対に利用しないように注意してください。

「後払い現金化」はファクタリングではなくリスクが高い

「後払い」とは、換金可能な名目上の商品(チケットなどの形式をとる)を販売し、利用者はそれを換金して利用します。

そして後日商品の代金という名目で業者に返済することで実質的に資金調達ができる手法です。

今すぐ資金調達ができるという点ではファクタリングのように見えますが、金融庁はこの取引についても貸金業の色彩が強いと判断しています。

また、この取引は商品を換金することでえられる現金と、のちに支払わなければならない金額に大きな開きがある事例も少なくありません。

ヤミ金と疑われる業者が多いため、問題視されているのです。

法外な手数料を徴収するケースに注意

通常のファクタリングの形式を装っていても、手数料が法外な場合にはやはり注意が必要です。

そもそも適法かどうかにかかわらず、手数料が高すぎる業者は、利用者にとって負担が大きくなるためおすすめできません。

一方で、残念ながらほとんどのファクタリングは「貸金業」に該当しないことから、貸金業に適用される「利息制限法」が適用できません。

したがって、複数のファクタリング会社を比較検討して、適正な手数料の会社を利用することが大切です。

利用者が集金できないときに損害を負うルールに注意

2社間ファクタリングでは、利用者が取引先の倒産などにより債務を回収できないときにはファクタリング会社に売掛債権の額面を支払わなくていい「償還請求権無し」の取引が一般的です。

逆に次のようなルールが課せられている取引は、貸金業に当たるため、貸金業登録がなければ違法であるとみなされます。

注意1|利用者が債務を肩代わりしなければならない条項がある

倒産などにより債務者が売掛債務を支払えなくなったときに、利用者に売掛債権の額面金額を肩代わりする請求をおこなえる権利は「償還請求権」(もしくはウィズリコース)といいます。

この条項は貸金業でなければ課すことができないため、違法性がないか注意しましょう。

但し、償還請求権ありのファクタリング自体は、大手のノンバンクや銀行などが正当におこなっている場合もあります。

会社が貸金業登録をおこなっていれば正当な取引となりうる点も、あわせて抑えておいてください。

注意2|利用者が債権を買い戻さなければならない条項がある

「償還請求権あり」(もしくはウィズリコース)のファクタリングが貸金業に含まれるとの解釈が広がったことで、債務が支払われなくなった時に、利用者が債権を買い戻さなければならない「買戻請求権」のあるファクタリングもみられます。

利用者にとっては、債務者からの入金が見込めない債権を買い戻さなければならないので、やはりリスクの高い取引となります。

買戻請求権ありの取引もまた、貸金業に当たる可能性が高いとの見解が示されていますので、やはり貸金業登録がされていなければ、違法業者ということになります。

違法なファクタリングの摘発事例

ファクタリングは適法・違法の判断が難しく、誤って悪徳業者を利用してしまうケースも少なくありません。

実際に次のような摘発事例も出ています。

悪徳業者を利用することによりトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

ZERUTA|給与ファクタリングと法外な金利徴収

ZERUTAは2021年に給与ファクタリングを営んで摘発された業者です。

貸金業に登録せずにおこなっていたため、その時点で違法性が強いのですが、貸金業の範疇に入る場合は法定金利の上限が適用されるため、金利上限は20%となります。

これは「手数料」という名目だったとしても変わりません。

同社は20%に対して14~31倍もの手数料を徴収していたとして、特に悪質性が高いとして摘発されました。

参考元:給料ファクタリング、全国2例目の摘発 容疑の7人逮捕:朝日新聞デジタル

ハートライフ|営業実態から闇金に近い業者と判断

ハートフルライフは、執拗な督促をおこなったがために、やはり「貸金業」にあたるとして無登録営業の扱いとなった業者です。

こちらは中小企業向けに売掛債権の譲渡による現金化取引をおこなっていました。

それだけなら単なるファクタリングなのですが、法定上限の8~34倍の金利を手数料の名目で徴収していたことが問題視に。

さらに、また滞納先には執拗な督促のもと、売掛債権の額面をこえる返済をもとめていたことから、悪質性が高いと判断されて摘発されました。

参考元:中小企業狙い「ヤミ金」容疑 ファクタリング業者を逮捕:朝日新聞デジタル

安全で適法なファクタリグ会社を選ぶポイント

ファクタリングをトラブルなく賢く使うためには、安全で適法なファクタリング会社をうまく選んで利用することが大切です。

次のような特徴を持つファクタリングは安全で信頼のおけるファクタリング会社であるといえるでしょう。

償還請求権がない

あきらかに大手金融機関で貸金業登録が明らかにされている会社でない限りは、償還請求権なしで取引できるファクタリング会社を利用するのがまず安全です。

償還請求権があるファクタリングは、貸金業登録がなければ違法の可能性が高いうえ、債務者にもしものことがあったときに債務を肩代わりしなければならないため、リスクの高い取引となります。

手数料が相場に合っている

手数料が高すぎるファクタリング会社は、売掛債権の額面に対して調達できる現金が低くなるため、おすすめできません。

法令の解釈上は、貸金業ではないファクタリングでは金利の上限は適用されません。

しかし、過去事例では法定上限を大幅に超える手数料設定は問題視されるケースもありました。

そのため、手数料が相対的に高い2社間ファクタリングのケースでも、上限は貸金業の法定上限である20%程度を目安にされていることが多いです。

3社間ファクタリングは資金回収リスクが相対的に下がることから、一けた台の手数料となっているファクタリング会社も少なくありません。
事前にしっかり見比べて確認しましょう。

後で徴収される手数料がない

シンプルな売買もしくは譲渡契約であるファクタリングでは、取引が完了したのちは、それ以外に支払う手数料や元利金は発生しません。

もし別途手数料や利息などを求められるようなことがあったら、それは貸金業の範疇に入ってきますので、違法性の高い取引ということになります。

最低限、後払いの手数料や金利などがないことを確認して、取引を進めましょう。

ファクタリング実績や口コミで判断

実績のあるファクタリング会社は、自社の取引件数やこれまでの現金化実績などを公表しています。

豊富な実績がある会社は、やはり安心して取引しやすいでしょう。

またさまざまな公式Webサイトで利用者の口コミを書いている場合や、口コミサイトにてファクタリング会社の評価が掲載されている場合もあります。

こうした情報を参考に、実績豊富で評価も高いファクタリング会社を利用すれば、安心してファクタリングを進められます。

信頼できるファクタリング会社5選

ここまでの記事をふまえて、自分で適切なファクタリング会社を選ぶのが難しいという人も少なくないでしょう。

ここからは、豊富な実績があり、信頼できるファクタリング会社を5社紹介します。

自分が利用するファクタリング会社選びの参考にしてください。

ビートレーディング

  • 累計900億円、3.7万件の豊富な実績
  • 上限・下限はなく幅広い買取実績がある
  • 2社間・3社間どちらも選べる

ビートレーディングは2022年3月時点で3.7万社以上、累計900億円以上の豊富な取引実績があります。

また「償還請求権を付さないこと」や「salesforceによる徹底した個人情報保護の方針」を明記しており、適正で事故のない取引を重視する姿勢がうかがえます。

同社では請求書買取の金額に上限・下限を設けておらず、信用のおける売掛債権であれば金額にかかわらず対応可能です。

過去には3万円~7億円と幅広い金額の現金化実績をもっています。

同社では2社間と3社間双方のファクタリングが可能です。

2社間で取引先に知られずにファクタリングを進めるか、3社間で手数料を抑えるか、ニーズに合った形態で利用できます。

イージーファクター

  • 手数料が2~8%と明記されていて安心
  • 利用者の口コミが掲載されていて、参考にできる
  • 手続きはオンラインで完結

イージーファクターはオンライン特化の2社間ファクタリングでありながら、手数料が2~8%と明記されています。

上限の記載がないファクタリング会社も多いなか、最大の手数料水準が利用前から分かるので安心です。

またその水準も2社間としては低めとなっています。

Webサイトにおいて利用者の口コミが企業・個人事業主のケースで掲載されています。

手数料の低さやオンラインで完結する取引の利便性が高く評価されていることがわかります。

手続きはZOOMと電子契約システムのクラウドサインで完了するため便利です。

最短60分で振り込みまで完了するので、速やかに資金調達する必要があるときにも役立ちます。

Pay Today

  • 累計取引金額20億円以上
  • 手数料は1~9.5%
  • 償還請求権なしであることを明記

Pay Todayは累計の取引金額が20億円をこえており、たしかな取引実績を持つファクタリング会社です。

オンライン手続きにより全国どこからでも契約できるので、地方企業にもおすすめのファクタリング会社です。

また手数料は下限が1%と2社間ファクタリングとしては低水準です。

また上限も9.5%と明記されているので、法外な手数料をとられる心配がなく、安心して利用できます。

同社はQ&Aページに「償還請求権がない」ことが明記されています。

このことからも違法性のない取引をおこなっていると信頼できます。

一方で柔軟性も同社の強みで、開業間もない法人や個人事業主でも利用可能です。

GMO BtoB早払い

  • 86%の高いリピート率
  • 上場企業によるサービス提供
  • 注文書の買取も可能

GMO BtoB早払いは利用者の86%がまたファクタリングにおいて同社を利用しているという実績があります。

これは多くの利用者が同社のサービスに満足していることの証拠とみることもできるため、安心して利用できます。

同サービスは東証の上位の市場であるプライム市場に上場している「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」が運営しています。

運営元企業は東証からも認められた優良企業であるため、信頼できるサービスです。

同社では請求書での買取だけでなく、商品・サービスの提供を求める「注文書」をもとにした現金化も受け付けています。

注文書は、ビジネスプロセスにおいて請求書よりも早い段階で発行されるため、注文書を現金化できれば、さらに柔軟な資金調達が可能です。

日本中小企業金融サポート機構

  • 関東財務局から「経営革新等支援機関」として認証を受けた法人が運営
  • ファクタリング金額や手数料を簡易見積もりできる
  • 多様な資金調達や経営支援のコンサルティングも実施

日本中小企業金融サポート機構は「一般社団法人」として運営されていて、中小企業などの経営支援をサポートする「経営革新等支援機関」として関東財務局から認証を受けています。

実質的に公共機関が正当性を認めている法人なので安心して利用できるでしょう。

ファクタリングについては、Webサイトにて5秒で調達可能な金額や手数料水準をみることができます。

審査を進める前に資金調達のめどが立てられるため、利用しやすいファクタリング会社です。

また、同機構はファクタリングのみを扱っているわけではなく、多様な資金調達や経営支援のコンサルティングを受け付けています。

資金繰りが恒常的にひっ迫しがちな企業は、ファクタリング実行に合わせて、経営に関する相談をしてみるのもおすすめです。

違法業者に注意してファクタリングをうまく活用しよう

ファクタリングは売掛債権を活用した、譲渡契約もしくは売買契約であり民法などにも根拠がある正当な取引です。

しかし、償還請求権を付けたり、後になって利払いや債務返済を求めたりするようなことがあれば、違法となる可能性が高いです。

また、手数料が高い業者も資金調達額が減ってしまうため注意しましょう。

今回紹介したファクタリング会社はいずれも実績や評価がしっかりしており、安心して利用可能です。

ファクタリングの取引先に悩んだら、こちらの会社から選んでみてください。

    タグ一覧