資金調達ができるファクタリング|銀行融資との違いやメリットと注意点

公開日:2022.07.26 更新日:

資金調達ができるファクタリング

ファクタリングは、売掛債権を事前に現金化できるサービスです。

ファクタリング会社の中には、即日で資金調達ができるところも存在します。

しかし、「ファクタリングについて詳しくわからない」「銀行融資とはどのように違うの?」と悩んでなかなか利用に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ファクタリングの概要、銀行融資との違いやメリットと注意点を解説します。

ファクタリングとは?ファクタリングで資金調達したときのメリットと注意点を解説

ファクタリングには2つの取引方法があり、使用することで得られるメリットや使用時の注意点があります。

ここでは、ファクタリングの仕組みやメリットと注意点、そして銀行融資との違いについて解説しましょう。

ファクタリングの仕組み|借金とは違う?

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの取引があります。

それぞれの取引方法について見ていきましょう。

2社間ファクタリング|取引先にバレずに利用できる

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社との間でおこなわれる取引の方法です。

ファクタリング会社は売掛債権を買い取り、事前に利用者へ売掛金を支払います。

そのため、取引先には取引の内容を知られずに進められるのがメリットです。

さらに、2社間で進められるため、スムーズに審査がおこなわれて資金調達をスムーズに実現できます。

しかし、取引先にバレない反面、手数料は高くなりやすいです。

3社間ファクタリング|手数料が低い

3社間ファクタリングとは、取引先に合意を得た上でファクタリングが進められる取引方法です。

2社間ファクタリングと比べて、3社間ファクタリングの手数料は低いのがメリットです。

しかし、取引先にファクタリングの利用を知らせなければなりません。

取引先にファクタリングの利用がバレてしまうと、「経営状況が悪化しているのではないか」「資金繰りが悪化しているのではないか」と勘繰られてしまう可能性があり、今後の取引に悪影響が出ることも考えられます。

さらに、取引先に合意を得る必要があるため、2社間ファクタリングと比べて資金調達までの時間がかかってしまいます。

ファクタリングを利用することは経済産業省も推奨!

経済産業省では、2020年より資金調達を円滑にするための法改正を実施しました。

今までは、「譲渡制限特約」の付与によって債権譲渡を無効化できたため、中小企業の資金調達を妨げていました。

しかし、今回の法改正では、譲渡制限特約が付与されていれば債権譲渡は原則有効となったのです。

したがって、中小企業にとってもファクタリングによる資金調達がしやすくなりました。

参考サイト:債権法改正により資金調達が円滑になります

ファクタリングで資金調達をするさいの5つのメリット

ファクタリングによる資金調達には、主に以下5つのメリットがあります。

  • 素早い現金化
  • 自社の業績が関係ない
  • 信用情報に影響なし
  • 担保・保証人が必要ない
  • 取引先の倒産による売掛金未回収のリスクがなくなる(償還請求権がない場合)

それぞれのメリットを解説しましょう。

素早い現金化

ファクタリングは、早ければ即日で資金調達が可能です。

資金調達までのスピードは、ファクタリング会社によって異なるものの、多くの会社が即日現金化をウリにしています。

したがって、すぐにでもまとまった資金が必要なときには、ファクタリングの利用がおすすめです。

ただし、取引先の信用力や売掛金の額によって審査に時間がかかるため、必ずしも即日で現金調達が可能なわけではありません。

自社の業績が関係ない

ファクタリングの審査では、自社の業績よりも売掛債権先となる取引先の業績が重視されます。

ファクタリングは売掛債権を前もって現金化する仕組みのため、期日までに売掛金を回収しなければなりません。

そのため、審査時には取引先から売掛金を回収できないリスクがないのかを見極めます。

見極めるときには、取引先の業績が傾いていないのか、今までに実績がある企業であるのかなどをもとに判断します。

したがって、自社の業績が傾いていたとしても、取引先の信用力に問題がなければファクタリングの利用が可能です。

信用情報に影響なし

ファクタリングは借入に該当しないため、信用情報に影響を与えません。

あくまでも、ファクタリングは今後支払われる予定の金額を前もって受け取る仕組みであるため、利用しても履歴に残ることがないのです。

そのため、銀行融資やローンの借入時にも、悪影響を与えずに利用ができるでしょう。

担保・保証人が必要ない

ファクタリングは売掛債権の取引になるため、担保や保証人が不要です。

融資の場合は、支払えなかったときのために担保や保証人が必要となります。

しかし、ファクタリングは売掛金の保証をファクタリング会社側でもつケースが多いため、担保や保証人を用意せずに利用できるのです。

取引先の倒産による売掛金未回収のリスクがなくなる(償還請求権がない場合)

ファクタリングは、基本的に売掛金の回収不能時には会社側で保証してくれます。

万が一、取引先の倒産によって売掛金が回収できなかった場合、ファクタリング会社側が責任をもつため、利用者側が保証する必要がありません。

ただし、償還請求権があるファクタリングの場合は、利用者に請求される可能性があるため注意が必要です。

ファクタリングを利用するときの3つの注意点

ファクタリングを利用するときには、以下3つの注意点があります。

  • 悪質な業者がいる
  • 手数料が高い
  • 取引先に資金繰りが厳しいという印象をあたえる

それぞれの注意点を解説しましょう。

悪質な業者がいる

ファクタリング会社の中には、悪質な行為を働かせてくる業者が存在します。

悪質な業者に見られる特徴としては、高額な手数料を請求してきたり、貸金業が未登録の状態で給与ファクタリングを取り扱っていたり、強引に金額を取り立ててきたりするケースがあります。

悪質な業者については、金融庁からも注意喚起が出ているため、十分に注意した上で利用を検討しましょう。

手数料が高い

ファクタリングの利用で発生する手数料は、比較的高くなりがちです。

売掛金の額や売掛先の信用力によって異なるものの、一般的には2社間ファクタリングが5~20%、3社間ファクタリングは1~9%が相場となっています。

他にも、審査・事務手数料、債権譲渡登記費用、印紙代などが発生するため、トータルすると高くついてしまうでしょう。

取引先に資金繰りが厳しいという印象をあたえる

3社間ファクタリングの場合、取引先に利用がバレてしまうため、資金繰りが厳しいのではないかと思われる可能性があります。

ファクタリングは早期の資金調達を目的としているため、現時点で経営状況が危ないという印象をもたれやすくなるのです。

その結果、今後の取引がなくなってしまうケースも考えられるため、全体的に悪影響を与える可能性が高いでしょう。

従来の資金調達の方法である銀行融資との違い

ファクタリングが登場する前は、一般的に資金調達といえば銀行融資でした。

では、ファクタリングと銀行融資ではどのような違いがあるのでしょうか?

両者の違いは、主に以下の点があげられます。

  • 契約方法
  • 取引の内容
  • 担保や保証人の可否
  • 調達までの時間
  • 審査基準
  • 取り扱い金額

契約方法は、銀行融資が「金銭消費貸借契約」を結び、ファクタリングは「債権譲渡契約」を結びます。

続いて、取引の内容は銀行融資が借入を実施するのに対して、ファクタリングは売掛債権の売却です。

担保や保証人は、銀行融資が必要なのに対して、ファクタリング会社では不要となります。

調達までの時間にも差があり、銀行融資は審査に時間がかかるため約2週間から長くて1ヶ月以上かかるケースがあるでしょう。

一方で、ファクタリングは即日での調達が可能です。

審査基準は融資が利用者自身であるのに対して、ファクタリングは売掛先の信用力が重視されます。

最後に、取り扱い金額は銀行融資だと1,000万円程度であるのに対して、ファクタリングは売掛債権の売買金額によるため、1,000万円以上の取引もできます。

ファクタリングで資金調達をするのがおすすめ企業の特徴

ファクタリングの利用は、以下の特徴をもった企業がおすすめです。

  • 早急に現金が必要である
  • 黒字倒産を防ぎたい
  • 銀行の融資が受けられなかった
  • 入金のサイクルが遅い

それぞれの特徴を解説します。

早急に現金が必要である

ファクタリングはスムーズな現金調達が可能であるため、まとまった資金を早急に必要としている企業におすすめです。

企業によっては、税金の支払いや新規事業の立ち上げといったときに、急な資金を必要とするケースがあります。

そのとき、ファクタリングで資金調達をすることで、必要なタイミングですぐに資金を用意できるでしょう。

黒字倒産を防ぎたい

黒字倒産とは、企業の会計決算上で黒字にもかかわらず、手持ちの現金を用意できずに倒産してしまう状況です。

黒字倒産の原因としては、企業の売上が高かったとしても、入金される前にその他経費への支払いが必要となっていまい、結果的に現金が用意できないために発生します。

ファクタリングは、こうした黒字倒産にうってつけのサービスです。

事前に売上金を現金化できるため、経費への支払いにも対応できるでしょう。

銀行の融資が受けられなかった

ファクタリングは、銀行の融資が受けられなかった場合にも有効です。

銀行の融資は、利用者自身の審査となるため、赤字経営をしていると審査に落ちてしまい利用できないケースがあります。

しかし、ファクタリングは利用企業が赤字経営だったとしても、取引先の信用力が高ければ審査にとおって利用が可能です。

したがって、銀行融資による資金調達ができなかった方は、ファクタリングの利用がおすすめです。

入金のサイクルが遅い

企業によっては、売上後に入金されるまでの期間が長くて困っているケースもあるでしょう。

ファクタリングは、こうした入金サイクルを早めるときにも効果的です。

もし、入金のサイクルを早めるためには、取引先に入金日を早めて欲しいと依頼する必要があります。

しかし、依頼をすると経営難などが疑われてしまい、結果的には今後の信頼関係に悪影響を与える可能性があるのです。

したがって、ファクタリングによって取引先に知られることなく、入金までのサイクルを早めるのがおすすめです。

ファクタリングを安心・安全におこなうための企業選びのコツ

ファクタリング会社の中には、悪質な行為をおこなうような業者も存在します。

そのため、健全なファクタリング会社を選ばなければなりません。

ここでは、ファクタリング会社を選ぶときのポイント、悪質業者の手口や利用の流れを紹介します。

ファクタリング会社の選び方のポイント

ファクタリング会社を選ぶときには、以下のポイントが重要です。

  • 手数料が安いか
  • 資金調達までのスピード
  • 取引方法
  • 信頼性が高いか

ファクタリングの利用時には、手数料が発生します。

手数料は、ファクタリング会社によって異なるため、複薄の会社に見積もりをとって比較するのが効率的です。

他にも、見積もりによって資金調達までの時間が明らかになります。

さらに、ファクタリングには2社間・3社間による取引があるため、どちらの取引方法を採用している企業であるかも重要です。

また、ファクタリング会社には悪質な業者が存在するため、事前に会社の信頼性が高いかを調査しておくとよいでしょう。

ポイントは、過去に取引実績のあるファクタリング会社であるのかなどです。

こんな企業は要注意!悪質業者の手口

悪質なファクタリング会社は、以下の手口を使ってくるケースが多いです。

  • 手数料が法外
  • かかる費用を詳細に語らない
  • 給与ファクタリング
  • 契約書に問題がある

それぞれの手口を解説しましょう。

手数料が法外

悪質な業者は、相場よりも異常に高い手数料を請求してきます。

ファクタリング手数料の相場は高くても20%程度となっているため、それ以上の手数料を請求されるときには悪質な業者である可能性が高いでしょう。

かかる費用を詳細に語らない

悪質な業者は、ファクタリングで発生する費用を詳細に説明せず、概算で伝えてくる傾向があります。

特に、ファクタリングを初めて利用する方は、どのような費用が発生するのかわからないケースが多いため、騙されてしまう可能性があります。

そのため、事前に必要となる費用を理解し、その上で費用の内訳を確認するのが重要です。

給与ファクタリング

給与ファクタリングとは、企業から受け取る給料を売掛債権として扱い、ファクタリング会社が買い取る仕組みです。

給与ファクタリングを扱う企業の場合、貸金業への登録が必要となります。

しかし、給与ファクタリングを謳う企業の多くは、貸金業へ未登録の状態で取引を進めているため、悪徳業者の確率が高いです。

さらに、金融庁では給与ファクタリングの注意喚起も発表しているため、給与ファクタリングと聞いたら注意するようにしましょう。

契約書に問題がある

ファクタリングの契約時には、売掛債権の取引になるため「債権譲渡契約」をもって契約を締結します。

しかし、悪質な業者の中には金銭の借入時に必要となる「金銭消費貸借契約」を提示してきて、あとから金銭を要求してくる場合があるのです。

他にも、契約書内に記載されている手数料が高額になっているなども考えられるため、契約書の内容を念入りに確認しましょう。

ファクタリングの利用の流れ

以下は、ファクタリング利用時の流れです。

  1. ホームページなどからファクタリング会社に問い合わせる
  2. 利用に向けた事前相談を実施
  3. ファクタリングへの申し込み
  4. 必要書類の提出
  5. 審査
  6. 契約の締結

事前相談時には、審査をする前にそもそも条件を満たしているのか確認し、ある程度の見込みを知ることができます。

その後、申し込みをして審査に通過すれば、契約が締結されて売掛金が入金されます。

ファクタリングで資金調達をするならこの会社!厳選したおすすめ優良会社4選

ファクタリングで資金調達をする場合には、以下4つの会社がおすすめです。

  • ウィット
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • ベストファクター
  • QuQuMo

ウィット

「ウィット」は、500万円以下の小口取引だけを専門に扱っているファクタリング会社です。

オンラインで完結するため、最短2時間での資金調達を達成した実績が複数あります。

さらに、2社間ファクタリングを採用しているため、取引先へ知られることなくファクタリングを利用できるのが特徴です。

日本中小企業金融サポート機構

「日本中小企業金融サポート機構」は、非営利団体が運営しているファクタリング会社です。

非営利団体が運営しているため、手数料は1.5%からという業界でも最低水準を誇っています。

さらに、最短30分で審査がおこなわれるため、すぐにでも資金調達をしたい方に向いています。

審査通過率も95%という実績があるため、審査に不安な方でも利用できるのが特徴です。

ベストファクター

「ベストファクター」は、完全オンラインで完結するファクタリング会社です。

手数料は業界でも最低水準となる2%からとなっており、平均買取率が92.2%のため柔軟な審査が魅力的となっています。

さらに、2社間ファクタリングの取引を採用しているため、取引先に知られることなく資金調達が可能です。

QuQuMo

「QuQuMo」は、最速2時間というスピードで資金調達が可能なファクタリング会社です。

オンラインで完結するため、時間や場所を問わずにいつでも手続きができます。

金額の上限も設定されていないため、大口の取引に関しても安心して利用できます。

また、法人個人問わずに対応しているため、個人事業主やフリーランスの方でも対象となるのが魅力的です。

まとめ

今回はファクタリングのメリットや注意点、銀行融資との違いについて解説しました。

ファクタリングは、スムーズに現金化ができるためまとまった資金が欲しいときに利用できるサービスです。

しかし、悪徳業者が存在するため、実績のある安全なファクタリング会社を選ぶ必要があります。

これからファクタリングを利用したい方は、今回の記事を参考に、安心して利用できるファクタリング会社を選びましょう。

タグ一覧