【2022年最新】即日利用できる!おすすめの優良ファクタリング会社18社を徹底比較

公開日:2022.08.10 更新日:

おすすめの優良ファクタリング会社

ファクタリングは、売掛債権を現金化する資金調達の方法で、少額からでも利用ができるものです。

資金調達を検討している人の中には、ファクタリングの利用も視野に入れている人がいるのではないでしょうか。

しかし、「ファクタリングがどのようなものかわからない」「悪徳業者に当たってしまわないか」と不安になってなかなか利用まで踏み切れていない人も多いと思います。

そこでこの記事では、ファクタリングの概要やメリットについて解説し、おすすめの業者も紹介します。

ファクタリングの利用を検討している人は、ぜひ最後までご一読ください。

ファクタリングの仕組みや種類を徹底解説

ファクタリングとは、取引先から入金される権利となる売掛債権をファクタリング業者が買い取り、早期に現金化できる資金調達方法の一つです。

売掛債権とは、注文書やサービスの納品等の取引が完了しており、取引先に請求をできる権利のことで、まだ入金されていないときの請求書などを指します。

また、ファクタリングには主に以下5つの種類があります。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 一括ファクタリング

買取ファクタリングは、一般的にいわれているファクタリングのことで、売掛債権をファクタリング業者に売却することで資金化できます。

保証ファクタリングは、取引先の倒産などによって売掛金が支払われなかったときに、業者が代わりに保証金を支払ってくれるものです。

直接的に売掛金を資金化するのではなく、あくまでも保険として利用されるのが特徴となります。

国際ファクタリングは、海外の企業と取引をおこなうときに利用できるものです。

利用することで、売掛金を確実に回収できるため、海外の企業で不安なときなどに利用できます。

医療ファクタリングは、医療関係の企業が診療報酬を早期で回収するために活用できるものです。

一括ファクタリングは、記載された金額を指定の期日までに支払う手形の代わりに導入されるものです。

支払いの保証は金融機関となるため、審査の難易度が高くなっています。

このほかにも、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの取引方法があります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング業者の間で進められる取引方法です。

取引先に知られることなく利用できるため、今後の取引に悪影響を与えることなく進められるのがメリットとなります。

もし、取引先にファクタリングの利用が知られてしまった場合、取引先には「経営が安定していないのではないか」「資金繰りが苦しいのでは……」と思われてしまい、関係性が悪化してしまう可能性が考えられるのです。

また、取引先が介入していないことで、資金調達までのスピードが早いのも特徴です。

しかし、次に解説する3社間ファクタリングと比べて手数料が高くなってしまいます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング業者に取引先も加えておこなわれる取引方法です。

2社間ファクタリングと比べて、手数料は安価になっています。

ただし、取引先に合意を得る必要があるため、当然ながら取引先にはファクタリングの利用がバレてしまうデメリットがあるのです。

さらに、取引先に合意を得られないと取引を進められないため、2社間ファクタリングよりも現金化までに期間を要します。

ファクタリングは合法!しかし悪徳業者もいる

ファクタリングは歴史の浅いサービスのため、利用を検討している人の中には「本当に安全なサービスなのか?」「違法性がある取引ではないの?」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げると、ファクタリングは合法です。

ただし、中には悪徳業者も存在するため注意する必要があります。

ここでは、合法である理由と悪徳業者の特徴などを解説します。

ファクタリングは経済産業省も認めているって本当?

「売掛債権の利用促進について」にもあるように、経済産業省はファクタリングの利用を推進しています。

特に、中小企業に対して不動産担保へ依存せず、資金調達をするための手段としての活用を求めているのです。

なぜなら、中小企業は銀行融資等の利用が多くなっている一方で、融資の利用難易度が高まっているためです。

そのため、経済産業省ではファクタリングのような売掛債権を利用した資金調達方法を推進しています。

悪徳業者の特徴

ファクタリング業者の中には、悪徳な業者も存在しています。

悪徳業者の特徴としては、主に以下のようなものがあげられるでしょう。

  • 手数料が提示されていない
  • ホームページに住所や電話番号などの基本情報が掲載されていない
  • 償還請求権がある

悪徳業者の多くは、法外な手数料を請求してきます。

そのため、契約段階にもかかわらず手数料が明示されていないときは、悪徳業者である可能性が高いです。

もし、手数料が明確にされていないにもかかわらず契約してしまうと、法外な手数料を請求されてしまいます。

また、ホームページの作りがしっかりとしているからと安心してはなりません。

しっかりと住所や電話番号が記載されているかを確認しましょう。

さらに、架空の情報を記載している可能性があるため、実際にあるかの確認もしておくと安全です。

償還請求権とは、取引先が倒産などによって支払いができなかったときに売掛金を請求できる権利です。

ファクタリングでは、償還請求権がなしとなっているため、取引先が売掛金を支払えなかったとしても利用者が業者へ支払う必要がありません。

しかし、悪徳業者の場合は償還請求権をありにしているケースが多いため、注意しましょう。

契約内容はしっかりと確認すること

悪徳業者に引っかからないためには、契約締結時に内容をきちんと確認するのが重要です。

契約書の内容を全て確認せず、なんとなくで契約するのだけは絶対にやめましょう。

もしかすれば、利用者が不利になる内容を記載し、締結後に不当な請求をしてくる可能性があります。

さらに、手数料等の金額がどのような計算で算出されているのかを確認し、納得した上で合意するのが大切です。

もし、契約書の内容を見極められないときには、事前に専門的な業者へ依頼をして確認してもらうのがよいでしょう。

ファクタリングはメリットが多い?8つのメリット

ファクタリングには、以下8つのメリットがあります。

  • 急に現金が必要になったときに即日現金化できる
  • 融資や借入と違って返す必要がない
  • 審査が比較的とおりやすい
  • 自社の規模や信用度は審査には関係がない
  • 保証人や担保の必要がない
  • オンライン上で完結できる
  • 取引先が倒産してもお金を返す必要がない(償還請求権なし)
  • 2社間ファクタリングなら取引先に知られることがない

それぞれのメリットを解説しましょう。

急に現金が必要になったときに即日現金化できる

売掛金の額や利用するファクタリング業者によって異なりますが、ファクタリングは即日で現金化できるのが大きなメリットです。

もし、融資で資金調達をする場合には、申し込みをしてから審査等が発生するため、長くて1ヵ月程度の期間がかかります。

早急に資金が必要でないときには問題ありませんが、ファクタリングを利用する人はすぐにでも現金を用意したい人が多いでしょう。

したがって、ファクタリングによって即日現金化をすることで、急に資金が必要になったときにも用意できるのが特徴です。

融資や借入と違って返す必要がない

ファクタリングは、今後入金予定の資金を前もって現金化する仕組みであるため、利用後に返済する必要がありません。

具体的には、取引先から入金されてきた売掛金をそのままファクタリング業者に渡せば取引が成立するのです。

また、ファクタリングは融資と違って借入にならないため、企業の負債として計上されないというメリットもあります。

審査が比較的とおりやすい

ファクタリングは、融資と比べて審査がとおりやすいのも特徴の一つです。

融資の場合には担保や保証人が必要となるのに加えて、企業の経営状況が重要な審査基準となります。

しかし、ファクタリングは担保や保証人が不要なため、必要な書類数が少ない傾向です。

また、審査時には利用者ではなく取引先の状況が重要となります。

そのため、赤字経営が続いている企業だったとしても、審査に通過しやすくなっているのです。

自社の規模や信用度は審査には関係がない

ファクタリングの審査は、自社の規模や信用度ではなく、取引先の信用度が重要視されています。

なぜなら、ファクタリング業者は取引先から売掛金を回収するのが目的であるため、利用者が赤字経営だったとしても、取引先の経営状態が問題なければ関係ないためです。

そのため、経営が傾いていたり、税金の滞納が続いていたりしたとしても利用できるのが大きな特徴となります。

ほかにも、取引先との過去の取引履歴などが重視されます。

保証人や担保の必要がない

ファクタリングは、融資などと違って保証人や担保が必要ありません。

保証人や担保が不要なのは、借入に該当しないためです。

借入の場合は返済する義務が生じるためにも、担保や保証人といった保証が必要となります。

一方でファクリングは借入に該当しないため、返済の義務も生じずに済むのがメリットです。

オンライン上で完結できる

最近のファクタリングは、オンライン上で完結できる業者が多くなっています。

今までは、対面による契約がメインだったため、都市部に集中して地方の人が利用できない環境でした。

しかし、オンラインによる契約書の提出や審査が可能となったため、全国どこからでも利用が可能となったのです。

また、オンラインによって時間を問わずに申し込みができるようになり、資金調達までのスピードも向上しました。

取引先が倒産してもお金を返す必要がない(償還請求権なし)

ファクタリングでは、償還請求権がない取引となっています。

償還請求権がないため、仮に取引先が倒産して売掛金が回収できなかったとしても、ファクタリング業者に費用を返金する必要がありません。

そのため、売掛金の回収に不安がある場合には、ファクタリングで売掛金を前もって現金化するといった使い方も可能です。

2社間ファクタリングなら取引先に知られることがない

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング業者のみで完結する取引のため、取引先に知られることなく利用ができます。

もし、取引先にファクタリングの利用が知られてしまうと、経営状態が危ないといった印象をもたれてしまい、今後の取引に悪影響を与えてしまうリスクがあるのです。

そのため、2社間ファクタリングの活用により、取引先へ知られることなく資金調達をできます。

ファクタリングをする前に知っておきたい4つの注意点

ファクタリングの利用時には、以下の点にも注意が必要です。

  • 少なからず悪徳業者がいる
  • 融資などより手数料が高め
  • 取引先の信用度が低いと審査に落ちる可能性が高い
  • 3社間ファクタリングだと取引先に知られてしまう

少なからず悪徳業者がいる

ファクタリング業者の中には悪徳業者も一定数存在しています。

そのため、悪徳業者の特徴を理解し、該当していないかを判断するのが大切です。

悪徳業者を利用してしまうと、相場よりも高い手数料が請求される危険性があります。

ほかにも、思ってもいないトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあるため、事前に業者を見極めて契約書等の確認も念入りにしておくのがよいでしょう。

融資などより手数料が高め

ファクタリングは、銀行からの融資などと比べて手数料が高めに設定されています。

理由としては、取引先の売掛金が回収できなかったときに、ファクタリング業者が保証をしているためです。

融資は、利用者が担保や保証人を用意するため、金融機関が保証する必要がありません。

そのため、ファクタリングを利用するときには、融資よりも手数料が高くなると理解しておきましょう。

取引先の信用度が低いと審査に落ちる可能性が高い

ファクタリングは、自社の経営状況よりも取引先の信用度が重視されます。

そのため、取引先の信用度が低い場合には、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

ファクタリング業者は、できるだけ未回収のリスクを避けているため、信用度の低い企業での利用ができないのは仕方がないでしょう。

もし、複数の売掛債権の中からファクタリングの利用を選ぶ場合には、できるだけ過去の取引実績があり、経営の安定している取引先を選択するのがおすすめです。

3社間ファクタリングだと取引先に知られてしまう

3社間ファクタリングは、取引先に合意を得なければならないため、当然ながら知られてしまうリスクがあります。

取引先に知られることで、今後の取引を中止されるなどの悪影響につながる可能性も考えられます。

さらに、取引先からの合意を得られないとファクタリングを利用できないため、そもそも資金調達ができない可能性もあるのです。

ファクタリング会社を選ぶ4つのポイント

ファクタリング会社を選ぶときには、以下4つのポイントを意識しましょう。

  • 手数料は適正か
  • 現金が必要な日までに入金が可能か
  • 買取債権金額の最小・最大額
  • ファクタリング会社の口コミ・評判

手数料は適正か

1つ目のポイントは、手数料が適正な範囲内であるかどうかです。

ファクタリング手数料は、相場として1~20%程度となっています。

当然ながら、手数料は2社間ファクタリングか3社間ファクタリングのどちらなのか、売掛金がどの程度の金額なのか、ファクタリング会社がどこなのかによって異なります。

しかし、悪徳業者の場合には相場を大きく超えた手数料を提示してくるケースが多いため、事前に認識しておくことが重要です。

現金が必要な日までに入金が可能か

2つ目のポイントは、資金調達が必要な期限までに間に合いそうかどうかです。

利用者の中には、今すぐにでも現金が欲しいという人もいるでしょう。

すぐにでも現金を用意したい人は、即日入金を実現できるファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

スピードを重視するときのポイントは、2社間ファクタリングを選択することです。

3社間ファクタリングは、取引先の合意を得る必要があるため、2社間と比べて時間がかかってしまいます。

また、取引先の合意を得られなければそもそもファクタリングを利用できない可能性も考えられるため、確実に素早く資金調達をしたい人は2社間ファクタリングを選択しましょう。

買取債権金額の最小・最大額

3つ目のポイントは、扱っている売掛金の上限と下限額が条件を満たしているかどうかです。

ファクタリング会社では、売掛金の金額に上限や下限を設けています。

特に、大口や小口の取引になる人は事前の確認が必要です。

大口の場合には、1億円を超えるような取引をしていると上限を満たさないケースがあります。

小口では、数十万の取引になると取り扱っていないファクタリング会社も多いです。

そのため、売掛金の金額に応じてファクタリング会社を選定するようにしましょう。

ファクタリング会社の口コミ・評判

4つ目のポイントは、ファクタリング会社の口コミや評判です。

ファクタリングは歴史の浅いサービスのため、優良な業者がいる一方で悪徳業者も一定数存在します。

こういった悪徳業者は、法外な手数料を請求してきたり、思わぬトラブル等に巻き込んできたりなど考えられるため、契約してはなりません。

そこで、事前に契約を考えているファクタリング会社の口コミや評判を確認するのが大切です。

口コミや評判は、実際に利用したユーザー視点で書かれているもので判断しましょう。

優良なファクタリング会社18社を徹底比較

優良なファクタリング会社18社について、詳しく解説していきます。

1.ビートレーディング

1社目は、手軽で素早い資金調達が自慢の「ビートレーディング」です。

ビートレーディングは、2022年3月時点で取引実績が3.7万社以上、そして累計買取額も900億円を突破しています。

資金調達までの時間は、早ければ最短5時間となっており、すぐにでも資金化したい人におすすめです。

さらに、審査資料が2点のみで買取率も98%となっているため、審査に不安がある人にも向いています。

最近では、クラウドサインの導入でオンライン契約も実施しているため、全国どこからでも利用が可能です。

オンラインでの契約をしたい人、できるだけ早く資金調達をしたい人、実績のある企業で取引をしたい人はビートレーディングを検討してみてはいかがでしょうか。

2.GMO BtoB早払い

2社目は、リピート率86%以上を誇り、上場企業による安定感がウリの「GMO BtoB早払い」です。

GMO BtoB早払いは、20年以上にわたるサービス提供をしている上場企業であるため、信頼できるファクタリング会社の一つとなります。

さらに、取引先に知られず利用ができる2社間ファクタリングを採用しているため、相手先にバレずに利用できるのが特徴です。

当然ながら、手数料を抑えるために3社間ファクタリングの利用もできます。

また、最短2日での資金調達が可能で、手数料が業界最低水準となる1%からとなっています。

ファクタリングの利用に不安がある人は、長年安定してサービスを提供し続けているGMO BtoB早払いの利用がおすすめです。

3.アクセルファクター

3社目は、圧倒的なスピードで資金調達を実現している「アクセルファクター」です。

アクセルファクターは、全体の半数以上が即日での資金調達となっているほどのスピードを重視したファクタリング会社となっています。

さらに、審査通過率が93%となっているため、審査に不安がある企業様でも安心して利用できるのがメリットです。

また、ファクタリングでは最低買取額を50万〜100万円程度を設定していることが多く、少額での利用がしにくい現状があります。

アクセルファクターは最低買取額を設定していないため、数千円からでも利用できるのが大きな特徴です。

ファクタリングの利用を検討している人の中でも、買取額が少額である場合にはアクセルファクターの利用が向いているでしょう。

4.日本中小企業金融サポート機構

4社目は、日本の個人事業主や中小企業をサポートしてくれる「日本中小企業金融サポート機構」です。

日本中小企業金融サポート機構は2017年5月に設立され、資金調達に関わる専門家がアドバイスをしながらファクタリングサービスを提供しています。

最短即日での資金調達が可能なため、資金をすぐに用意しなければならないときでも利用できるのが魅力的です。

さらに、専門家によるアドバイスを受けながらファクタリングの計画を立てていけるため、迷ったときにはとりあえず相談してみるのが大切です。

中小企業や個人事業主の人で、資金繰りに困っておりどのような資金計画にすべきかわからない人は、日本中小企業金融サポート機構のサービスを活用してみるのもよいでしょう。

5.OLTA

5社目は「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を誇る「OLTA」です。

OLTAの累計取引事業者数は10,000を超えており、申込金額も900億円となっています。

さらに、提携銀行数が2021年6月時点でトップとなっており、信頼できるファクタリング会社といえるでしょう。

完全オンラインのため、最短で即日の振込を実現しています。

書類の提出もオンラインであるため、対面での審査が不要で全国どこからでも利用可能です。

手数料は2〜9%と圧倒的に安価となっているため、費用をできるだけ抑えたい人に向いています。

OLTAは、オンラインで手数料も抑えて取引をしたい人におすすめです。

6.QuQuMo

6社目は、オンラインで完結するスピードを重視した「QuQuMo」です。

QuQuMoは、「Quality(高品質)、Quick(スピーディー)、Money(資金調達)」の頭文字をとって名付けられ、その名のとおりに入金まで最速2時間というスピーディーな調達を実現しています。

さらに、来店不要でオンライン完結となっているため、全国どこからでも利用が可能です。

また、法人個人問わずに利用ができるため、売掛金さえあれば誰でもファクタリングによる資金化ができるのもメリットです。

手数料は業界最低水準となる1%からとなっているため、費用を抑えたい人にもうってつけのファクタリング会社といえるでしょう。

そのため、オンライン上で素早い資金調達をしたい人におすすめです。

7.TRY

7社目は、全国対応で素早い資金調達を得意とする「TRY」です。

TRYは、最短で即日入金が可能となっているため、できるだけスピーディーに調達したい人に向いています。

また、2社間ファクタリングを採用しているため、取引先に知られることなく秘密を厳守して進められるのが特徴です。

手数料は、5%からという良心的な利率設定となっているため、安心してファクタリングを利用できます。

さらに、TRYの強みは経験豊富な担当者がパートナーとして経営のサポートをしてくれるところです。

ファクタリングの利用だけではなく、経営の相談にのってもらいながら利用の有無を判断していきたい、と考えている人にTRYの利用がよいでしょう。

8.ウィット

8社目は、ファクタリングに加えてコンサルティングサービスも提供している「ウィット」です。

ウィットは、小口を専門としたファクタリング会社で、事務所にいながら電話一本で資金調達をできるのがウリです。

買取金額は500万円以下に設定されており、最小で30万円の買取実績も誇っています。

ファクタリング会社は、小口の取引よりも大口での買取金額で設定されていることが多いため、小口専門で取り扱っているウィットは少額の利用をしたい人の味方です。

さらに、ファクタリングの提供に加えてコンサルティング事業も展開しています。

コンサルティング事業では、中小企業の事業再生を支援する目的で活動しており、資金調達方法についても相談できます。

9.ベストファクター

9社目は、ファクタリングに関わるさまざまなランキングでNo.1に輝いた実績のある「ベストファクター」です。

ベストファクターは、日本トレンドリサーチが2022年5月に実施した「経営成績の向上が期待できるファクタリング会社」「ファクタリング会社支持率」「経営者に紹介したいファクタリング会社」でNo.1に輝いた会社です。

最短1日のスピード資金調達を実現しており、即日振込の実行率は63.6%と高水準になっています。

手数料は、業界最安水準の2%からの設定となっています。

まずは簡単スピード診断が実施できるため、買取可能かどうかを見極めてもらい、活用の有無を判断するのがよいでしょう。

10.anew

10社目は、AI審査を導入している「anew」です。

anewは、ファクタリング業者「OLTA」と「新生銀行」が手を組んで実施している共同事業となっています。

ファクタリング審査はAIで実施しているため、手数料が2〜9%という業界内でも最低水準の利率設定となっているのが特徴です。

さらに、オンライン上で全ての手続きが完了するため、面談不要で全国どこからでも利用できます。

お見積りの結果は24時間以内に算出されるため、すぐにでも現金化したい人におすすめです。

買取金額には上限や下限を設定していないため、大口や小口問わずに利用できるのもメリットとなるでしょう。

11.FREENANCE

11社目は、フリーランスの強い味方である「FREENANCE」です。

FREENANCEは、7部門でNo.1を獲得した実績を誇っています。

FREENANCEの魅力は、なんといってもフリーランスに特化したさまざまなサービスにあります。

「あんしん補償」では、仕事中に発生した事故や納品物の欠陥などによる補償を最大で5,000万円までしており、情報漏洩や著作権侵害などで起こってしまった事故の補償もしているのです。

また、買取手数料は3%〜10%となっており、最短で当日振込のスピード調達ができます。

相手先に知られることがない2社間ファクタリングを採用しているため、取引先に悪影響を与えずに活用できるでしょう。

12.PayToday

12社目は、AIファクタリングとして注目を集めているファクタリング会社「PayToday」です。

PayTodayは、AIファクタリングを謳っており、その名のとおりAIによる審査を導入しています。

さらに、対面の面談が不要で全てオンライン上で完結する手軽さが魅力的です。

AIによる審査で人件費を削減しているため、手数料は1%〜9.5%という低水準の利率設定となっています。

さらに、法人だけではなく開業して間もない人や個人事業主でも利用できるため、全国誰でも利用できるのが大きな特徴です。

特に、スタートアップとなるベンチャー企業、地方の中小企業、フリーランスなどを対象に力を入れて取り扱っているサービスとなっています。

13.PMG

13社目は、日本経済を支えるために活動している総合経営支援企業の「PMG」です。

PMGは、ファクタリングを推進するだけではなく、現在の経営状態や資金繰りの状況をみてから、どの資金調達を選択すべきかをコンサルティングしてくれます。

長年の経験をもって資金調達に関するアドバイスがもらえるため、資金繰りで困っている企業にとっては大きな味方となってくれるでしょう。

さらに、2社間と3社間それぞれのファクタリングサービスを提供しているため、取引先に知られることなく利用するのも可能です。

中小企業の人で、現在資金繰りに困っている場合には、PMGのコンサルティングサービスを活用しながら資金調達に関するアドバイスを受けていくのがおすすめです。

14.トップマネジメント

14社目は、10年目を迎えた歴史のあるファクタリング会社「トップマネジメント」です。

トップマネジメントは、累計買取高100億円を突破し、45,000件を超える買取実績も誇っています。

ファクタリングを利用する上で心配なセキュリティ面に関しても、国際規格のISO27001に基づいたセキュリティで保護しているため、外部への機密情報流出などの心配も少ないでしょう。

さらに、オンラインでの契約方法も提供しているため、遠方で直接店舗へ足を運べない人でも利用できます。

買取上限の金額は最大で3億円まで対応可能となっているため、大口の取引を現金化したい人におすすめです。

15.ジャパンマネジメント

15社目は、東京や福岡を中心にサービスを展開しているファクタリング会社「ジャパンマネジメント」です。

ジャパンマネジメントは24時間問い合わせが可能で、日本全国どこからでも利用できます。

さらに、スピード審査によって最短即日で審査が完了し、翌日には資金調達が可能です。

また、法人だけではなく、個人事業主の人も利用できるのが大きな特徴です。

ただし、個人事業主の場合は法人取引がある人や継続した売上があるかどうかが重視されています。

買取金額は20万円からとなっているため、比較的小口の取引でも現金化が可能です。

大口の取引しか扱っていないファクタリング会社が多く、小口での利用ができないと悩んでいる人は、ジャパンマネジメントの利用も検討してみるのがよいでしょう。

16.ペイトナーファクタリング

16社目は、累計利用者数が1万人を突破したファクタリング会社「ペイトナーファクタリング」です。

ペイトナーファクタリングは、AIが審査を実施するため事業計画書などの書類が不要となっています。

さらに、フリーランスや個人事業主向けのファクタリングとなっているのが特徴です。

利用手数料は10%と固定されているため、利用後の料金設定もわかりやすく色々と想定しながら利用できます。

最短10分で入金を完了できる圧倒的なスピードも誇っているため、急に現金を用意しなければならないといった状況において活用が期待できるでしょう。

17.マネーフォワード アーリーペイメント

17社目は、マネーフォワードが運営する法人専門のファクタリング会社「マネーフォワード アーリーペイメント」です。

マネーフォワード アーリーペイメントは、なんといっても東証プライム上場をしているマネーフォワードのグループ企業という高い信頼性が魅力的です。

手数料は、業界最低水準の1%からという価格設定になっているため、調達にかかるコストを抑えられます。

調達までのスピードは、最短2営業日となっているため、融資などと違って迅速に必要な資金調達を実現できます。

さらに、一般的なファクタリングは請求書を元に資金調達をしていますが、注文書を元に買取を実施する注文書ファクタリングも取り扱っているのです。

資金繰りに課題のある企業は、マネーフォワード アーリーペイメントの利用を検討してみましょう。

18.三共サービス

18社目は、経験豊富なスタッフがサポートをしてくれるファクタリング会社「三共サービス」です。

三共サービスには、元銀行員やノンバンク社員といった金融業界で活躍していたスタッフが在籍しているため、企業の経営状況に合わせた最適なアドバイスをしながらファクタリングのサポートをしてくれます。

2021年には、たった一度の利用で企業の経営改善率92.7%を達成しているため、圧倒的な実力を誇るのがメリットです。

さらに、ファクタリングの利用が初めての人については、手数料が無料で利用できるのも大きな特徴です。

スピードにも定評があり、申し込みをした翌日には入金されるシステムも整っているため、スピード調達にも対応できます。

ファクタリング会社に問い合わせてから入金までの5つの流れ

ここまでで、実際にファクタリングサービスを利用したいと思った人も多いのではないでしょうか。

しかし、どのような流れで取引が進むのか、不安な人も多いと思います。

ファクタリング会社から入金されるまでは、主に以下の流れとなります。

  1. ファクタリング会社を決める
  2. 必要書類を確認し、用意しておく
  3. 申し込み・審査開始
  4. 契約締結
  5. 入金

それぞれの流れを解説しましょう。

1.ファクタリング会社を決める

まずは、利用するファクタリング会社を決めることから始まります。

ファクタリング会社を選ぶときには、まず始めに悪徳業者でないかの確認が重要です。

悪徳業者でないかのポイントは、信頼性の高い企業が運営しているのか、口コミや評判に問題がないのか、架空の住所や電話番号でないかなどです。

その後は、手数料や調達までのスピードなどの具体的な中身で判断しましょう。

このとき、ファクタリングの中でもどのサービスを利用するのかも合わせて決める必要があります。

2.必要書類を確認し、用意しておく

ファクタリング会社で利用するサービスが決まれば、必要となる書類の確認をして提出できる用意をしておきましょう。

必要な書類は融資と比べて少ないため、利用が決まればすぐにでも準備しておくのがおすすめです。

書類を素早く提出することで、審査を受けられる準備が整って結果的に資金調達までのスピードも早まります。

3.申し込み・審査開始

必要書類が準備できた後は、書類の提出とともに申し込みをします。

申し込み後は、書類にしたがって審査が実施され、早ければ数十分で完了するケースもあるでしょう。

審査時には、売掛金の金額や企業規模、これまでの取引実績などを考慮したうえでファクタリング手数料が算出されます。

そのため、何社かにアイミツを取ったうえで手数料が低利率に設定されているファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

4.契約締結

審査後は、手数料や内容等を確認して問題が無ければ契約となります。

今までは、契約時に直接店舗まで足を運んで対面で実施するケースが多く見られました。

しかし、最近ではオンラインで完結するファクタリングサービスが増えているため、契約時もオンラインで実施できることが多いです。

地方などにお住まいの人は、事前にオンラインで完結できるかを確認しておきましょう。

5.入金

契約の締結後は、ファクタリング会社から「売掛金-手数料分」が指定の口座に振り込まれます。

入金までは早くて当日の間に完了するケースもあるため、必要書類を用意してスムーズにいくような体制を整えておくのがよいでしょう。

その後は、取引先からの売掛金の入金が発生したタイミングで、ファクタリング会社にそのまま支払いをします。

ファクタリングに関してよくある6つの疑問と回答

ファクタリングの利用に伴い、以下6つの疑問をもつ人が多くいます。

  1. ファクタリングに必要な書類はどんなものがありますか?
  2. 個人事業主でもファクタリングはできますか?
  3. 審査が全然とおりません。どうしたらよいですか
  4. 銀行ファクタリングと業者との違いは何ですか?
  5. ファクタリングと銀行融資・ビジネスローンとの違いは何ですか?
  6. ファクタリング会社を複数社併用しても問題ないですか?

ここでは、それぞれの疑問に対する回答をしていきましょう。

Q1.ファクタリングに必要な書類はどんなものがありますか?

前提として、必要な書類はファクタリング会社や取引方法によって異なります。

また、個人事業主か法人によっても異なるものです。

ここでは、多くのファクタリング会社で見られる必要書類を紹介しましょう。

一般的には、法人の場合に必要となるのが「会社概要を説明する資料」「売上を示す請求書」などです。

個人事業主は、「本人確認書類」「請求書」「経営状態を示すもの(確定申告書)」などが求められるでしょう。

Q2.個人事業主でもファクタリングはできますか?

ファクタリングは、法人だけではなく個人事業主でも利用可能です。

特に、最近はフリーランスを志す人が増えているため、フリーランスなどの個人事業主を対象としてファクタリングサービスを提供している会社が多く見られます。

そこで注意しておきたいのが、売掛金の下限金額です。

個人事業主の場合は、数十万程度の小口取引が多くなるため、下限金額が低めに設定されているファクタリング会社がおすすめです。

Q3.審査が全然とおりません。どうしたらよいですか

ファクタリングでは、自社の経営状態よりも取引先の企業規模や経営状況が重視されます。

審査にとおらない人は、取引先の信頼や返済能力に課題が見られるケースが多いです。

そのため、ファクタリングで利用する売掛債権先を、返済能力の高い企業に変更するのがよいでしょう。

Q4.銀行ファクタリングと業者との違いは何ですか?

銀行ファクタリングとは、金融機関や銀行系列の企業が提供しているサービスです。

業者との違いは、主に以下の点となります。

  • 手数料
  • 審査の難易度
  • 信用力
  • ファクタリングの種類

手数料は、銀行ファクタリングのほうが安くなっています。

その一方で、銀行ファクタリングのほうは審査が厳しいです。

ただし、銀行ファクタリングは金融機関が運営しているため信用力が高くなっています。

さらに、一般的なファクタリング業者では買取ファクタリングだけを取り扱っているところが多いものの、銀行ファクタリングは幅広い種類を扱っているのです。

Q5.ファクタリングと銀行融資・ビジネスローンとの違いは何ですか?

それぞれの特徴を下記の表にまとめました。

ファクタリング銀行融資ビジネスローン
金利1~20%程度数%程度1~14%程度
調達までの期間最短で即日1週間~1ヵ月程度数日程度
担保・保証人不要必要不要
負債計上負債とならない負債扱い負債扱い

ファクタリングは3つの中でも最も金利が高く、調達までのスピードが早いのが特徴的です。

さらに、売掛金を前もって現金化している仕組み上、負債扱いにならないのもファクタリングのみです。

Q6.ファクタリング会社を複数社併用しても問題ないですか?

ファクタリング会社を併用することは、基本的に問題ありません。

ただし、あるファクタリング会社で既に売掛債権を売却した後に、その売掛債権を別のファクタリング会社に売却すると二重譲渡に該当するため注意が必要です。

ファクタリング会社は、継続的な利用になるほどお互いの信頼が増していくため、手数料の水準も低めになっていきます。

そのため、ファクタリングを利用するときには同じ会社を使い続けるのがおすすめです。

最後に

今回は、ファクタリングの概要やメリットについて解説し、おすすめの業者も紹介しました。

ファクタリングは、売掛金を前もって現金化できる資金調達方法です。

経済産業省も推進している資金調達方法で、特に中小企業は利用してほしいとしています。

なぜなら、中小企業の多くは融資に頼ってしまい、借入が増えることで資金繰りが厳しい状況となってしまうためです。

そのため、ファクタリングで事前に現金化をすることで、資金繰りの悪化を防ぐことにもつながります。

現在、支払いまでの期間が長くて資金繰りが悪化している人は、今回の記事で紹介したおすすめのファクタリング会社へ相談してみましょう。

    タグ一覧