ファクタリングで審査なしは危険!審査負担の削減と即日現金化のコツ

公開日:2022.07.26 更新日:

ファクタリングで審査なしは危険

企業が資金調達をする手段には、銀行融資やローンなどのさまざまなものがあります。

ファクタリングは、資金調達の中でも、まとまったお金をスムーズに用意できる方法として優れています。

中には、審査なしを謳っているファクタリング会社があるため、利用しやすいと考えている方も多いでしょう。

しかし、審査がないファクタリング会社は危険です。

審査なしを謳っているファクタリング会社があった場合には、悪質な業者である可能性が高いでしょう。

そこで今回は、なぜファクタリングの審査なしが危険であるのか、すぐにでも現金化するためのコツを紹介します。

審査なしのファクタリング会社は危険!審査なしという言葉を信用すべきではない理由

 ファクタリングの利用を検討している方の中には、審査なしで資金調達ができると思っている方もいるかもしれません。

しかし、ファクタリングの利用には審査が必要です。

なぜ、ファクタリングでは審査が求められるのでしょうか?

ここでは、ファクタリングで審査が必要な理由について解説します。

ファクタリングを利用するには審査が必須

ファクタリングでは、取引先の信用力を測るための審査が必須です。

なぜなら、ファクタリング会社は、利益を得るためにも必ず売掛金を支払ってもらう必要があるためです。

ファクタリング会社は取引先から支払われる予定の売掛金を事前に支払ってくれますが、手数料を上乗せした分を利用者から返してもらうことで利益につながります。

もし、取引先から売掛金の回収ができなかった場合、ファクタリング会社としては損失につながってしまうのです。

したがって、ファクタリングが実施する審査は、売掛金を高い確率で回収するためにも必須の行為といえます。

審査なしでファクタリングができない理由

ファクタリングの審査は、売掛金を回収できるかどうかを見極める以外にも、以下2つの理由から必要とされています。

  • ファクタリング会社が詐欺を回避できない
  • ファクタリングの条件を決められない

それぞれ解説しましょう。

ファクタリング会社が詐欺を回避できない

1つ目の理由は、ファクタリングの利用者が信頼できるかを見極めて、悪質な行為を回避するためです。

ファクタリング会社は事前に資金化をするため、後ほど支払った分を回収しなければなりません。

しかし、ファクタリングの利用者が架空の売掛債権を作り上げ、現金化をさせたあとになかったことにするような詐欺行為をしてくる可能性があるのです。

そのため、事前に悪質な業者でないかを見極めるために、経営状況などを審査しておく必要があります。

ファクタリングの条件を決められない

2つ目の理由は、ファクタリングの利用時に設定する手数料を決めるためです。

ファクタリングは、利用者から回収する手数料分によって利益が発生します。

このときに設定される手数料は、売掛金の金額、取引先の信用能力、利用者との信頼関係などのさまざまな要因によって決められるのです。

当然ながら、審査をしなければ手数料の決定に必要となる情報を収集できないため、条件を決めるためにも審査が求められます。

「ファクタリングは審査なしで利用できる」という言葉の正しい解釈

そもそもなぜ、「ファクタリングは審査なしで利用できる」という言葉が生まれたのでしょうか?

審査なしという言葉の意味は、利用者の企業が赤字の状態であっても、取引先が問題なければ利用できるということです。

つまり、利用者よりも取引先の審査が重視されることから、審査なしという言葉が生まれたといえるでしょう。

そのため、審査なしで利用できるというのは、自身の経営状態が悪い状態であっても利用できるという意味で、審査自体が全てないということではありません。

ファクタリングで審査なしところを危険なので使うべきではない

ここまでで、ファクタリングの利用では審査が必須であることがわかりました。

しかし、利用を検討する中で、審査なしを謳っているファクタリング会社がでてくるかもしれません。

そのときには、悪徳業者である可能性が高いため、利用すべきではありません。

悪徳業者の場合には、高額な手数料を強引に請求されたり、反社会勢力の関与によって大きなトラブルにつながってしまったり、あとで高額な金額を請求されたりするなどさまざまなリスクがあります。

償還請求権がないところを絶対に選ぶ

ファクタリング会社を選ぶときには、審査が厳しくなるものの、償還請求権がないところを選ぶようにしましょう。

償還請求権とは、売掛金の回収ができなかったときに売掛債権の買い戻しを請求できる権利です。

償還請求権があることで、売掛金が回収できなかったとしても、利用者側がファクタリング会社に支払う必要があります。

償還請求権を取り扱うファクタリング会社は、貸金業への登録を済ませておく必要があるため、一般的には償還請求権がないケースが多いです。

しかし、悪質なファクタリング会社の多くは貸金業が未登録の状態で償還請求権をありとしています。

したがって、健全なファクタリング会社を利用するためにも、償還請求権なしのファクタリングを活用しましょう。

ただし、償還請求権なしはファクタリング会社側が回収不能時に保証するため、審査が厳しくなる傾向です。

ファクタリングの審査に落ちてしまった|落ちた理由と審査の負担を軽減する方法

 
ファクタリングの利用をしようと思った方の中には、審査に落ちてしまったという方もいるでしょう。

ここでは、審査に落ちる理由や負担を軽減できる方法を解説します。

ファクタリングの審査に落ちる理由

ファクタリングの審査に落ちる理由は、大きく以下の4つがあります。

  • 売掛先の企業の信用力に問題がある
  • ファクタリング会社の対象ではない
  • 売掛金が買取額の上限・下限に抵触している
  • 利用者に問題がある

それぞれの理由を詳しく解説しましょう。

売掛先の企業の信用力に問題がある

ファクタリングの審査では、利用者よりも売掛先の信用力が重要視されます。

そのため、売掛先の信用力が低いと、審査落ちの対象となってしまうでしょう。

信用力に問題があるケースとしては、以下のようなものがあげられます。

  • 売掛先が経営難である
  • 売掛先との取引実績が少ない
  • 売掛先が個人事業主やフリーランス
  • 売掛先が架空の可能性がある

売掛先の経営が悪化している場合、売掛金の回収率が下がってしまうという理由から審査落ちしてしまう可能性が考えられます。

ファクタリング会社は、売掛金の回収が最大のミッションであるため、そもそも回収できないかもしれないというリスクがあると利用が難しいでしょう。

また、利用者と売掛先との間での取引実績が少ない、もしくはないと信頼度が低いと判断されてしまい審査落ちの原因になる場合があります。

一方で、取引実績が多いほど信頼度が高いと認識されるため、審査にとおる可能性が高くなるでしょう。

売掛先は、法人と比べて個人事業主やフリーランスの方が信用度は低いと判断されてしまいます。

そのため、売掛先が個人の場合は審査に落ちやすくなるでしょう。

なぜなら、法人と比べて規模が小さいため、安定した収益が見込めずに、売掛金未回収のリスクが高まるためです。

最後に、売掛先の企業が実在しているか怪しい場合は、審査落ちの対象となってしまいます。

例えば、売掛先の企業情報を検索しても表示されない、実際の住所に別の企業が存在しているなどが発覚すると、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

また、最近では架空の売掛債権をファクタリング会社へ売却する詐欺行為を働く集団が増えているため、最初に確認される項目となるでしょう。

このように、売掛先の信用力はファクタリングの審査において非常に重要となる要素です。

ファクタリング会社の対象ではない

売掛債権の中には、不良債権であるためファクタリング会社の対象にならないケースがあります。

不良債権とは、支払い期日などが過ぎているすでに財産としての価値を失った売掛金のことです。

ファクタリングの利用者の中には、不良債権とわかっていながらファクタリング会社に買取を申し込む悪質な団体も存在するため、審査時に見極めています。

そのため、売掛債権が不良債権でないことを証明する書類などを提示することで、審査にとおる確率も高くなるでしょう。

売掛金が買取額の上限・下限に抵触している

ファクタリング会社では、売掛金の上限と下限を設定しているため、どちらかに抵触してしまうと審査落ちの対象となります。

特に、売掛金の額が高くなるほど、回収できなかったときのリスクが高くなるため、ファクタリング会社の審査が厳しくなりがちです。

審査前に、売掛金が買取可能額の範囲内であるかどうかを確認しておきましょう。

利用者に問題がある

ファクタリングは、売掛先の信用力が重視される傾向ですが、利用者自身の問題で審査に落ちてしまう可能性もあります。

利用者の問題としては、以下のものがあげられます。

  • 身元の信憑性に何らかの問題がある
  • 個人事業主やフリーランスである

ファクタリングの審査時には、必要書類として自身の身分証明書の提示を求められます。

そのとき、過去に何らかの問題を起こしていたり、本人確認ができないような書類だったりすると審査が落ちる対象となってしまうでしょう。

さらに、ファクタリング会社の中には、法人の利用者のみを対象としている場合があるため、個人事業主やフリーランスの利用を断られることも考えられます。

そのため、事前に個人事業主も利用対象に含まれるのかを確認しておくのが大事です。

最近では、フリーランスが増えてきたこともあるため、個人事業主を専門に取り扱っているファクタリング会社が増えています。

審査の負担を軽減する方法

ファクタリングの審査では、以下の方法によって負担を軽減できます。

  • 過去に利用したことある会社を選ぶ
  • オンラインで完結する会社を選ぶ
  • 必要書類の少ない会社を選ぶ

これらの方法について解説しましょう。

過去に利用したことのある会社を選ぶ

過去に利用したファクタリング会社を選ぶことで、信頼関係が構築できていると判断されているため審査の通過率が上がるでしょう。

ファクタリング会社としては、できる限り売掛債権の未回収を防ぐためにも、信頼できる利用者との取引をしたいところです。

そのため、一度利用した方であれば、初回利用時の方と比べて実績があるため信頼されて審査にとおりやすくなります。

また、過去のファクタリングで利用したときと同じ売掛先の場合は、より審査にとおる確率が高くなるでしょう。

オンラインで完結する会社を選ぶ

オンラインで完結できるファクタリング会社を選ぶことにより、来店時の手間が不要になるため、審査時の負担を減らすことができます。

ファクタリング会社によっては、審査時に直接店舗まで足を運ばなければならないケースがあります。

しかし、最近ではオンラインで完結できるファクタリング会社が増えているため、オフィス内から入金まで完了できるのです。

そのため、利用時にオンライン対応しているかどうかを確認しましょう。

必要書類の少ない会社を選ぶ

必要書類はファクタリング会社によって異なるため、できる限り少ない会社を選ぶのがおすすめです。

必要書類が少ないことで、審査にかかる時間が減少し、スムーズな資金調達が可能になります。

また、必要書類が少ないことで書類の準備時間も減らせるでしょう。

おすすめ会社1|ビートレーディング

ビートレーディング

審査の負担を減らすためにおすすめのファクタリング会社としては、「ビートレーディング」があげられます。

ビートレーディングは2022年時点で累計買取額900億円を達成し、取引実績も3.7万社以上を誇る信頼の高いファクタリング会社です。

オンラインで完結するため、資金調達まで最短5時間を実現しています。

さらに、審査資料が2点のみであり、最大買取率が98%となっているのが特徴です。

おすすめ会社2|ベストファクター

ベストファクター

続いて、審査の負担を減らすおすすめのファクタリング会社は「ベストファクター」です。
ベストファクターは、業界最低水準の手数料となる2%からを誇り、最短24時間のスピード調達を実現しています。

さらに、償還請求権がないため、万が一回収が困難になっても利用者への保証が求められません。

柔軟な審査で平均買取率が92.2%のため、審査に不安がある方でも利用できる可能性が高いでしょう。

早く現金を調達したい!即日で現金を調達するコツとおすすめ会社

利用者の中には、できる限り早く現金調達をしたい方もいるでしょう。

ここでは、即日で現金を調達するコツとおすすめのファクタリング会社を紹介します。

即日で現金を調達するための5つのコツ

即日で現金を調達するためのコツは、以下の5つがあげられます。

  • 即日可能なファクタリング会社を選ぶ
  • 複数社に見積もりを依頼する
  • 必要書類を事前に用意する
  • 2社間ファクタリングを利用する
  • 午前中に申し込む

即日可能なファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社によって現金調達までの時間が異なるため、できるだけ即日を謳っているところを選ぶのがよいでしょう。

その際、必要書類の少なさやオンライン完結であることも重要になるため、利用するファクタリング会社で対応しているのかを事前に確認しておくのが大事です。

複数社に見積もりを依頼する

さまざまなファクタリング会社が存在するため、複数社に見積もりをして最も資金調達が早い会社を選ぶのがおすすめです。

ファクタリング会社によっては、即日現金化を謳っていたとしても、売掛先や必要書類の準備などで思ったよりも時間がかかってしまう場合があります。

そのため、利用者にとって最も条件の合うファクタリング会社を選ぶことで、即日現金化を実現できるでしょう。

必要書類を事前に用意する

必要書類は審査時に求められるため、事前に用意しておくことでスムーズに現金調達ができるでしょう。

ファクタリング会社によって必要書類が異なるため、必要になりそうなものはまとめて用意しておくのが効率的です。

また、必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶことで、審査にかかる時間が減るため、結果的に即日現金化も達成しやすくなります。

2社間ファクタリングを利用する

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社との間でおこなわれる取引のため、現金化までがスムーズです。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先に合意を得る必要があるため、売掛先への説明やその後の検討などが入ってしまい、即日現金化が難しいでしょう。

午前中に申し込む

申し込む時間帯によっては、審査をするのが明日になってしまうケースがあるため、できるだけ午前中に申し込むのがおすすめです。

もし、ファクタリング会社の営業時間ギリギリに申し込んでしまうと、審査のタイミングが翌日になってしまい、現金化できるのも明日以降となってしまいます。

即日で現金を調達するときの注意点

即日で現金を調達するときには、以下の点に注意が必要です。

  • 即日可能の会社でも審査が遅れれば現金調達ができないことがある
  • 即日という言葉だけでファクタリング業者を選ばない

即日可能の会社でも審査が遅れれば現金調達ができないことがある

即日での現金調達を謳っているファクタリング会社だったとしても、審査の時間によっては調達の時間が遅くなってしまうケースがあります。

審査時には売掛債権に関わる条件を中心に見極めていくため、何か問題があるような売掛先の場合には審査に時間がかかるでしょう。

他にも、利用者自身に問題がある場合にも、身元調査等をするために審査時間がかかるケースがあります。

即日という言葉だけでファクタリング業者を選ばない

すぐに現金が欲しい場合だったとしても、即日という理由だけでファクタリング会社を選ばないようにしましょう。

ファクタリング会社の中には、即日と謳っておきながら、高額な手数料を請求するなどの詐欺行為をしてくる可能性があります。

そのため、信頼できるファクタリング会社なのかを事前に確認しましょう。

おすすめ会社1|ウィット

ウィット

即日で資金調達が可能なファクタリング会社としては「ウィット」がおすすめです。

ウィットは、500万円以下の小口取引を専門としており、最小で30万円を買取した実績があります。

完全オンラインで進められるため、最短2時間で資金調達を実現しております。

小口の取引が多く、スムーズな資金調達を実施したい方におすすめのファクタリング会社です。

おすすめ会社2|QuQuMo

QuQuMo

続いて、おすすめのファクタリング会社は「QuQuMo」です。

QuQuMoは、オンライン完結でスピード資金調達を実現しているファクタリング会社です。

来店不要で入金まで最速2時間を誇っており、手数料は業界でも最低水準の1%からとなっています。

法人・個人問わずに利用できるため、幅広い方が利用できるのが特徴です。

おすすめ会社3|事業資金エージェント

事業資金エージェント

最後におすすめするファクタリング会社は「事業資金エージェント」です。

事業資金エージェントは、最大2億円まで対応するファクタリング会社です。

500万円までの売掛金であれば最短3時間での資金調達が可能であり、手数料も業界最低水準の1.5%からとなっています。

まとめ

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社が買い取るサービスのため早期に資金調達が可能です。

資金調達のスピードは、売掛先の信用力や売掛金の金額によっても代わりますが、条件が合えば即日での現金化ができます。

ファクタリング会社の中には、審査不要で即日現金化を謳っているところもあるでしょう。

しかし、審査は必須であり、不要な会社は悪質な業者である確率が高いため、利用を避けるのがおすすめです。

これからファクタリングの利用を考えている方は、今回の記事を参考に、審査の負担を減らしてスムーズな資金調達を実現しましょう。

タグ一覧